Windows 10 のタスクバーにあるコルタナ・検索ボックスを削除する方法

シェアする

Windows 10 ではタスクバーの Windows マーク横に大きな検索ボックスが表示されている。これはファイルやアプリケーションを検索したり、コルタナと呼ばれるアシスタント機能を利用するためのもののようだ。

しかしこの検索ボックス、非常に場所を取る上に検索機能そのものはこの検索ボックスが無くとも利用できるため、重要度は低い。削除もしくはアイコン化してスペースを大きく取るべきだ。

Windows 10 のタスクバーにあるコルタナ・検索ボックスを削除する方法

このコルタナ・検索ボックスを無効にするには、タスクバーの空いてる場所もしくは検索ボックス上で右クリックしてメニューを表示し、Cortana の項目を開く。

そうするとこのようなメニューが表示される。「表示しない」「Cortana アイコンを表示」「検索ボックスを表示」の三種類の選択肢がある。

ここで「Cortana アイコンを表示」とすると検索ボックスが消えコルタナのアイコンが表示される。「表示しない」を選択すると Cortana アイコンも検索ボックスも非表示となる。

Windows においてタスクバーは重要な機能の一つなので邪魔な項目は削除して効率よく利用したいものだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする