開発したアプリなど一覧

Windows 11 で Microsoft Edge が自動起動するのを防ぐ方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows を起動したときに Microsoft Edge も自動的に起動する事がある。そのまま Edge を利用するのであれば便利かもしれないが、他のブラウザを利用している人にとっては不要だろう。そういう場合には自動起動を無効化しよう。

しかし、Edge が自動的に起動する条件には様々なものがあるため一つ一つ確認していく必要がある。特に Edge の場合、バックグラウンドで実行する場合もある。

このページでは Windows 起動時に Microsoft Edge が自動的に起動するのを防ぐ方法を紹介しよう。

スタートアップブーストを無効にする

Microsoft Edge には「スタートアップブースト」と呼ばれる機能が搭載されている。この機能を有効にしていると Windows を起動した際にバックグラウンドで Edge が実行されるため、Edge を利用する時に高速に起動することができる。しかし、大した差ではないし不要であればオフにしよう。

Microsoft Edge の設定を開く
ウインドウ右上の「・・・」から「設定」を開こう。
システム設定を開く
画面左側のメニューより「システム」を開く。
スタートアップブーストを無効にする

スタートアップブーストのスイッチをオフにして無効にしよう。

スタートアップフォルダから Edge を削除する

スタートアップフォルダに Edge が入っていないか確認してみよう。

ファイル名を指定して実行からスタートアップを開く

Win-R を同時に押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「shell:startup」を入力して「OK」をクリックしよう。

スタートアップフォルダを確認する

スタートアップのフォルダが開くので、この中に Microsoft Edge があるか確認してみよう。もしある場合は削除しよう。

設定のスタートアップアプリから Edge を無効にする

Windows の設定からスタートアップに登録されていないか確認してみよう。

設定アプリを開く

Windows のスタートメニューなどから「設定」アプリを開く。

スタートアップを開く

左側のメニューから「アプリ」を選択し、「スタートアップ」を開く。

Microsoft Edge をオフにする

アプリの一覧に「Microsoft Edge」があるので「オフ」にする。

タスクマネージャーのスタートアップアプリから Edge を無効にする

スタートアップアプリの設定は設定アプリだけでなくタスクマネージャー内にもある。この二つは名前こそ似ているが並んでいるアプリの種類が違うため、別扱いのようだ。念のためこちらも無効にしておこう。

タスクマネージャーを開く

Ctrl-Shift-Esc 同時押しもしくはタスクバーの右クリックメニューなどからタスクマネージャーを開こう。

スタートアップアプリから Edge を無効にする

左側のメニューより「スタートアップ アプリ」を開くと、アプリ一覧の中に「Microsoft Edge」もしくは「msedge.exe」という項目がある。選択した状態で画面右上の「無効化」をクリックしよう。

サインインオプションからアプリの再起動を停止する

Windows 以前サインアウトした時に起動していたアプリを自動的に起動する機能が用意されている。この機能により Edge が自動的に起動している可能性がある。

この機能を無効にするには以下の手順を行う。

設定アプリを開く

Windows のスタートメニューやスタートボタン右クリックなどから「設定」アプリを開く。

「サインインオプション」を開く

画面左側のメニューより「アカウント」を選択し、「サインインオプション」を開く。

「サインアウト時に再起動可能なアプリを自動的に保存し、サインイン時に再起動する」をオフにする

「サインアウト時に再起動可能なアプリを自動的に保存し、サインイン時に再起動する」という項目があるので、オフにする。

Windows スポットライトをオフにする

Windows のロック画面に自動的に選択される背景とそれに関連するテキストをクリックした場合、ログインした際に Edge が起動して詳細を表示してくれる機能がある。興味のあるものなら良いが、間違えてクリックしてしまった場合など邪魔なこともある。

この機能は Windows スポットライトと呼ばれるもので設定よりオフにすることができる。

Windows スポットライトをオフにするには以下の通り。

個人用設定を開く

デスクトップを右クリック、もしくは「設定」アプリから「個人用設定」を開く。

ロック画面の設定を開く

個人用設定内に「ロック画面」という項目があるので、クリックして開く。

Windows スポットライトを設定から外す

「ロック画面を個人用に設定」の欄が「Windows スポットライト」になっている場合は、別のものに変更する。

グループポリシーエディターから Edge の自動起動を無効化する

基本的には上記設定で問題ないとは思うが、もしそれでも Edge が自動的に実行する場合にはグループポリシーの設定より Edge が自動起動しないようにしよう。

グループポリシーエディターを開く

スタートメニューからグループポリシーエディターを開こう。検索欄に「gpedit」と入力すると出てくるので、実行しよう。

Edge の設定を開く
ローカルコンピューターポリシー -> コンピューターの構成 -> 管理用テンプレート -> Windows コンポーネント -> Microsoft Edge を開く。
自動起動に関連する設定をオフにする

以下の二項目を無効にしよう。

  • Windows の起動時、システムがアイドル状態のとき、および Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge の事前起動を許可する
  • Windows の起動時および Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge を起動してスタートページと新しいタブページを読み込むことを許可する

これらの項目をダブルクリックすると変種画面が表示されるので、無効にして「適用」と「OK」を押して閉じよう。

これで自動実行しなくなる。

まとめ

このように Microsoft Edge の自動実行を防ぐ方法には様々なものがある。状況に応じて設定を見直そう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました