開発したアプリなど一覧

Windows 11 に PIN(暗証番号)を設定する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows 11 にはログイン時のパスワードとは別に PIN と呼ばれる暗証番号のようなものを設定することができる。4桁程度の数字のみを設定でき Windows PC を使うときにパスワードの代わりに利用できるため、設定しておくと便利だ。

通常は Windows のセットアップ時に同時に設定するものだが、後から削除した場合などは再度設定することもできる。

このページでは Windows 11 で PIN を設定する方法を紹介しよう。

Windows 11 の PIN(暗証番号)を設定する方法

以下の手順で Windows に PIN を設定することができる。

Windows の設定アプリを開く

Windows のスタートメニューなどから「設定」アプリを開く。

「サインインオプション」の設定を開く

「設定」のウインドウ左側にある「アカウント」をクリックして「アカウントの設定」を開くと「サインイン オプション」という項目があるので、クリックしよう。

PIN を設定する

サインインオプションの画面に「PIN (Windows Hello)」という項目があるのでクリックして開こう。

そうすると「PIN を使用して Windows、アプリ、サービスにサインインする」という項目が現れる。「セットアップ」というボタンがあるのでクリックして設定しよう。

PIN を入力する

Windows のパスワードの確認後、「PIN のセットアップ」と書かれたダイアログが表示される。

「新しい PIN」と「PINの確認」にそれぞれ設定したい PIN を入力しよう。PIN は数字のみだが、「英字と記号を含める」にチェックを入れると英字と記号を設定することもできる。

入力したら「OK」ボタンを押すと PIN が設定される。

PIN が設定されると Windows のログイン画面などでパスワードの変わりに PIN の入力を求められるようになる。

数字のみなら簡単に入力できる。ぜひ設定しておこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました