開発したアプリなど一覧

Windows 10 で「最近使ったファイル」や「良くアクセスするページ」等を削除・無効化する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows 10 ではアプリ毎に「最近使ったファイル」や「良くアクセスするページ」「最近閉じたタブ」といった履歴情報などを保存しており、タスクバーやスタートメニューなどからファイル・ページをすぐ開く事ができる。

例えばタスクバーで Google Chrome を右クリックすると、このような感じで「良くアクセスするページ」と「最近閉じたタブ」という項目が現れる。

スタートメニューで Visual Studio Code を選択すると「Recent Workspace」という項目が現れる。

これらの機能は「ジャンプリスト」や「クイックアクセス」などと呼ばれるもので便利な機能ではあるものの、人によっては余計な機能と感じる人も多いと思う。また、間違えて変なファイルを開いてしまい一覧から削除したい場合もあるだろう。

このページでは Windows 10 で表示される「最近使ったファイル」などの削除方法及び、無効にする方法を紹介しよう。

ジャンプリスト・クイックアクセス欄から項目を削除する方法

まずは表示されているファイルやページなどを削除する方法を紹介しよう。これは単純に表示されているファイルなどを右クリックして「削除」を選択するだけで良い。

タスクバーを右クリックして「よくアクセスするページ」「最近使ったファイル」などから削除したいページを右クリックすると、このように「この一覧から削除」という項目がある。これをクリックすれば一覧から削除される。

これはスタートメニュー上の項目でも同様だ。削除したいファイルなどを右クリックすれば一覧から削除される。

ジャンプリスト・クイックアクセスを無効化する方法

ジャンプリスト・クイックアクセスそのものが不要であれば、機能を無効化することもできる。

Windows 10 の「設定」を開き、「個人用設定」を開こう。

「個人用設定」の「スタート」を開くと、「スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストとエクスプローラーのクイックアクセスに最近開いた項目を表示する」という項目がある。

標準では「オン」になっているのだが、これをクリックしてオフにすればジャンプリストとクイックアクセスが表示されなくなる。

例えば Google Chrome を右クリックしてもこのように「よくアクセスするページ」や「最近閉じたタブ」が表示されなくなる。

スタートメニューからもこのように表示されなくなる。

ただしこのジャンプリスト・クイックアクセスが削除されるタイミングは多少遅い場合もある。その場合は該当のアプリケーションを起動すれば削除されるようだ。

このように簡単にジャンプリスト・クイックアクセスを無効化することができる。もし最近使ったファイルや良くアクセスするページなどが表示されて邪魔なのであれば無効にしてみよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました