開発したアプリなど一覧

台南旅行するなら公式バスアプリ「大台南バス」を入れておくと便利

台湾南部にある台南は歴史ある街で観光客にも人気だ。しかし市内は地下鉄やLRTなどは通っておらず、移動の際にはバスやタクシー、自転車などに頼る必要がある。タクシーはともかく旅行者にとってローカルバスはわかりにくく敷居が高く感じるかもしれない。

しかしローカルバスは値段が安くエアコンも効いてる上に路線も多く、使いこなせれば非常に強力だ。台南でバスを利用するのであれば大台南バスというアプリを入れておくと便利だ。

このアプリを利用するとバスの路線の一覧やバス停の確認、最寄りのバス停の検索に路線検索までできる。

トップページはこのような感じでタイルが並んでいる。画面下部にあるように中国語・英語・日本語に対応しているが日本語の翻訳はちょっと怪しいところがある。

「E-BUS」からは路線一覧と選択した路線のバス停一覧を確認できる。運行状況にあわせてバスのおおよその現在地も把握できるため、あとどのくらい待つと来るのかもわかる。

路線検索では現在地や目的地をマップ上から検索して最適なルートを返してくれる。ホームや勤務地を登録する機能もあるので、自分が滞在するホテルをホームとしておくと検索しやすくなる。

最寄りのバス停検索も位置情報を利用して近くにあるバス停を一覧で表示してくれる。

地図と一致するような路線図はアプリから確認できないようなので、あまり直感的ではないのは惜しいところか。

とはいえ上記3つの機能に加えて Google Maps などのマップアプリがあればどこでどのバスに乗れば良いかが把握できると思う。

ついでに台南のバスの乗り方も簡単に紹介しよう。

台南のバス停はこのような感じになっている。バスが着たら手を軽く出して乗るという合図を出そう。

台南鉄道駅前ターミナルはこんな感じ。

台南のバスは前乗り後降りで料金は先払いとなっている。といっても悠遊カードなどのICカードが利用できるので現金よりはカードがオススメだ。

バス内部を撮ってみた。このように出入り口に IC カード読み取り機が設置されている。ICカードを利用する場合には乗る際と降りる際、どちらも機械にタッチする必要がある。

降りる際には日本のバスと同様に壁などにあるチャイムを鳴らそう。そうすれば停車しドアを開けてくれるので IC カードをタッチして降りよう。

アプリを使いこなしてより便利に旅を楽しもう。

Sponsored Link

コメント