開発したアプリなど一覧

スマホ版 YouTube のデータ通信を節約する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

スマートフォンを利用していてデータ通信量の大きいものの一つに動画アプリがある。動画はゲームと並んでデータ通信量の大きいコンテンツとなっている。もし毎月データ通信量がカツカツであれば、動画の閲覧を止めたり設定を変更することで通信量に余裕が出るかもしれない。

このページでは YouTube でデータ通信量を節約するための設定をいくつか紹介しよう。

スマホ版 YouTube のデータ通信を節約する方法

YouTube のアプリを起動したら以下の手順でデータの節約を開こう。

  1. マイページを開く
  2. 画面右上の歯車マークから設定を開く
  3. データの節約を開く

これでデータの節約画面が表示される。データの節約画面では以下の設定を行うことができる

  • データ節約モード
  • 動画の画質を下げる
  • オフライン動画の品質を下げる
  • スマート一時保存の品質を下げる
  • Wi-Fi 接続またはモバイルデータ無制限アクセスの場合のみオフラインに一時保存
  • Wi-Fi 接続時のみアップロード
  • Wi-Fi 接続時のみのフィードのミュート
  • すべての動画について画質を選択する
  • モバイルデータ使用量に関するリマインダー

一番上の「データ節約モード」のスイッチをオンにすると、それ以下の設定を自動的に良い感じに有効にしてくれる。

基本的には「動画の画質を下げる」であったり「 Wi-Fi 接続時のみ」のような記述があるものを有効にしておけばかなりデータ通信量を節約することができる。

スマートフォンのモバイルデータ通信で YouTube を見る機会が多いのであれば、設定しておくとデータ通信量の節約になる。特に月末などで通信量が枯渇しがちであれば是非設定しておこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました