開発したアプリなど一覧

Android のデータセーバー機能を利用してデータ通信量を節約する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

スマートフォンを利用する上で気を付けたいものの一つにデータ通信の使いすぎがある。使いすぎて契約しているプランの上限に達すると低速での通信になってしまい、まともにインターネットが利用できなくなってしまう。

Android にはデータセーバー機能が標準で搭載されているため、知らぬ間にデータ通信を使いすぎてしまうのを防ぐことができる。

このページでは Android のデータセーバー機能を利用する方法を紹介しよう。

Android のデータセーバー機能が行うこと

データセーバーをオンにすると、モバイルデータ通信時にバックグラウンドでの通信を制限することができる。多くのアプリはバックグラウンドで通信を行っているので、それらの通信を制限することでデータ通信量を削減することができる。

Android のデータセーバー機能を利用してデータ通信量を節約する方法

このページでは Pixel 7(Android 14) での設定方法を解説する。

Android の設定アプリを開いたら「ネットワークとインターネット」から「データセーバー」を開こう。

そうするとデータセーバーの設定画面が現れる。

「データセーバーの使用」のスイッチをオンにすると機能が有効になる。また、その下にある「モバイルデータの無制限利用」の項目から、データセーバーを無効にするアプリを選択することもできる。

データセーバーを頻繁に利用するのであれば、クイックセッティング欄に表示しておくと手軽にオンオフできて便利だ。

このように Android スマートフォンの画面上部からスワイプすると表示される設定欄にデータセーバーも表示可能だ。

実のところバックグラウンド通信はそこまで大きいものではないので劇的な節約にはならないが、それでもしないよりはましだろう。毎月データ通信を使いすぎて困っているのであれば、設定しておくと良いかもしれない。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました