Android スマホのタッチパネルが死んでもマウスで操作できる

シェアする

昨夜メインで利用しているスマートフォン Moto G5 Plus を操作しようとしたところ、画面が全く反応しなくなっていた。指紋認証兼ホームボタンと電源、音量ボタンなどは動作するがタッチパネルが完全に無反応で操作が殆どできない状態だ。

しかし Android スマートフォンはマウスに対応しているため、タッチパネルが死んでも操作する事はできる。

自分は Logicool の M557 という Bluetooth マウスを利用している。スクリーンショットではマウスカーソルが非表示となるため別のスマートフォンで撮ったが、このようにスマートフォンの画面にマウスカーソルが表示され、マウスで Android の操作が可能だ。左クリックでタッチと同等の操作ができるだけでなく、場所によっては右クリックでコンテキストメニューの表示やホイールでスクロール操作も可能だ。

ただし、「タッチパネルが完全に死んでしまうとそもそも Bluetooth マウスとのペアリングができない」という重大な欠点がある。操作不能になる前にペアリングを完了していなければならない。故障してからでは遅いのだ。

一応 Android でも USB マウスを利用できるのだが端子が通常の USB ではなく micro-USB や USB Type-C なのでスマートフォン用に変換コネクタを用意する必要がある。

多分こういうのでできると思うけど試してないので不明。

故障発生の可能性が非常に低い部位の為に Bluetooth マウスをペアリングしたり変換コネクタなどを用意しておくべきかといわれると微妙なところではある。が、タッチパネルが故障してもこのような手法により操作できるという事は覚えておくと役に立つかもしれない。

それはそうと新しいスマートフォンを購入しなければ・・・

Sponsored Link

シェアする

フォローする