開発したアプリなど一覧

Google Meet で自分のカメラが映らない時の対処方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

オンラインで会議をする際に Google Meet を利用する機会は多いと思う。PC なら Web ブラウザのみで利用できるビデオ通話アプリで URL にアクセスするだけで利用できる手軽さが特徴だ。

しかし、状況によっては Web カメラが映らず自分もしくは相手の姿が見えない場合もある。

このページでは Google Meet で自分のカメラ映像が相手に映らない場合に試してみる事を紹介しよう。

Web カメラが PC から認識しているか確認

まずは PC 側から Web カメラが正常に認識されているかを確認してみよう。Windows であれば標準の「カメラ」アプリを起動し、カメラが動くかどうかを確認してみよう。

「カメラ」アプリで正常に動作するのであれば、Web カメラの動作に問題はなく、Google Meet や Web ブラウザの問題の可能性が高い。もし「カメラ」アプリで動かない場合には以下の方法を確認してみよう。

他のアプリで利用していないか確認

Web カメラは同時に複数のアプリから利用することができない。他のアプリを全て終了させてから Web カメラが利用できるかを確認してみよう。

PC から認識されていない場合

それでも Web カメラが利用できない場合に試してみるべきことを列挙しよう。

  • カメラカバーが閉じていないか確認
  • USB 接続の Web カメラなら再接続してみる
  • USB 接続の Web カメラなら他の PC で利用できるか確認
  • Windows のプライバシー設定を確認
  • ドライバーを再インストール
  • Windows を再起動する

詳しくは以下の記事を参照してほしい。

Windows で Web カメラが映らない場合の対処方法 | Lonely Mobiler

ブラウザに Web カメラの利用を許可する

ブラウザから Web カメラを利用する際、権限の許可を求められる。Google Meet を初めて開いた場合は以下のように「meet.google.com が次の許可を求めています」というダイアログが表示される。

通常であればここで「許可」を押せば Web カメラを利用可能になるが、間違って「ブロック」を押してしまった場合は手動で権限の許可を行う必要がある。

Web カメラの権限を許可する方法だが、Google Chrome の場合はロケーションバー左側の南京錠のアイコンをクリックすると各種権限を有効にするかのスイッチが表示される。

ここでカメラのスイッチをオンにすれば Google Meet で Web カメラが利用できるようになる。

ブラウザを再起動する

Web ブラウザの問題は再起動することで直る可能性がある。とりあえず再起動してみるのも一つの手だ。

Web ブラウザ右上(macOSなら左上)の閉じるボタンをクリックしてブラウザの全てのウインドウを閉じ、再度起動しよう。

ブラウザの拡張機能をオフにする

Web ブラウザにインストールしている拡張機能が Google Meet の動作に影響する場合もある。ブラウザ拡張機能をオフにして動作するか確認してみよう。

Google Chrome の場合、画面右上の「・・・」のようなアイコンから「その他のツール」->「拡張機能」を選択して拡張機能の画面を開く。

拡張機能毎に有効無効を切り替えられるスイッチが表示されるので、スイッチをオフにしよう。

特に Google Meet や Google に関連するもの、動画再生に関連するものなどはトラブルに繋がる可能性がある。オフにして確かめてみよう。

ブラウザの Cookie やキャッシュ等のデータを削除する

Web ブラウザの Cookie やキャッシュなどのデータが悪さをしている可能性もある。これらのデータを削除してみよう。

Google Chrome であれば ctlr-shift-del キーを押すとキャッシュなどのブラウザのデータを削除する画面が表示される。

ここから Cookie やキャッシュなどを削除してみよう。なお Cookie に関しては全て削除してしまうと他のサイトにも影響が出るが、Google Meet に限定して削除することもできる。詳しくは以下のページを参照してほしい。

Chrome の Cookie/キャッシュ/履歴などのデータを削除する方法 | Lonely Mobiler

Chrome で Cookie を削除する方法 | Lonely Mobiler

Google Meet のカメラボタンをオンにする

Google Meet の画面下にミュートやカメラのオン/オフなど、ボタンが並んでいる。カメラのボタンが赤くなっていないか確認してみよう。

Google Meet の設定からカメラを選択する

PC の設定によっては Web カメラとして認識されているデバイスが複数ある場合もある。自分の利用したい Web カメラが選択されているか確認してみよう。

設定を開く

Google Meet の画面下にある「・・・」のようなアイコンから「設定」を開く。

動画設定を開く
左側のメニューより「動画」を開く
Web カメラを選択する

利用している Web カメラを選択する。

Google Meet の設定から送信時の解像度を変更する

カメラの映像が映らない場合、設定からカメラの解像度を変更すると直る可能性がある。

設定を開く

Google Meet の画面下にある「・・・」のようなアイコンから「設定」を開く

動画設定を開く
左側のメニューより「動画」を開く
「送信時の解像度」を別の値に変更する

「送信時の解像度」という項目があるので、値を別のものに変更してみよう。

Google Meet の Web 会議を作り直す

もしかしたら作成した Web 会議そのものに問題があるかもしれない。一度会議から退室し、新たな Web 会議を作成してみよう。

Google Meet で Web カメラ映らない場合のまとめ

このように Google Meet で Web カメラが映らない原因には様々なものがあり、対処方法もそれぞれ異なる。一つ一つ確かめて確実に対処しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました