開発したアプリなど一覧

Google Apps Script で RSS を読み込みスプレッドシートに入力する

アフィリエイトリンクを含む場合があります

ブログやニュースサイトなどの更新情報を取得する際、RSS を読み込むことが多い。RSS を利用すれば簡単に更新情報を取得することができる。もちろん Google Apps Script でも利用できる。

Google Apps Script で RSS を読み込む方法

GAS では XMLService を利用することで RSS を読み込むことができる。例えば WordPress の RSS を読み込む場合には以下のように記述する。

let url = 'https://loumo.jp/feed' let response = UrlFetchApp.fetch(url); let content = response.getContentText("utf-8");

const document = XmlService.parse(content); const root = document.getRootElement(); const channel = root.getChild('channel'); const items = channel.getChildren('item'); for (item of items) { console.log(item.getChild('title').getText()) console.log(item.getChild('link').getText()) }

実行すると記事の URL とタイトルをログに出力する。このように XmlService.parse に RSS の 文字列を渡すと XML として読み込んでくれる。

取得した RSS データをスプレッドシートに保存する場合は以下のように SpreadsheetApp で対象のシートを取得し、setValue で値を書き込む。

const targetSheetName = 'sheet1' let url = 'https://loumo.jp/feed' let response = UrlFetchApp.fetch(url); let content = response.getContentText("utf-8");

const document = XmlService.parse(content); const root = document.getRootElement(); const channel = root.getChild('channel'); const items = channel.getChildren('item');

// insert data into spreadsheet const spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet() const sheet = spreadsheet.getSheetByName(targetSheetName) row = 1; for (item of items) { sheet.getRange(`A${row}`).setValue(item.getChild('title').getText()) sheet.getRange(`B${row}`).setValue(item.getChild('link').getText()) row += 1 }

これで対象のシートに RSS の内容が保存される。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました