開発したアプリなど一覧

Windows 11 で環境変数を確認・編集する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

ソフトウェア利用時やプログラミングする際にトラブルがあった場合、PATH などの環境変数を確認することもあると思う。しかし Windows で環境変数の確認方法がわかららない、もしくは覚えていない人もいるのではないかと思う。

このページでは Windows 11 で環境変数を確認する方法をいくつか紹介しよう。

Windows 11 で環境変数を確認・編集する方法

Windows 11 での環境変数の確認・編集方法にはいくつか種類があるが、代表的なものを紹介しよう。

Windows 11 でシステムのプロパティから環境変数を確認・編集する方法

最も手軽なのは「システムのプロパティ」から「環境変数」を表示する方法だろう。Windows のスタートメニューから「環境変数」を検索し、「システム環境変数の編集」を開こう。

そうすると「システムのプロパティ」のウインドウが表示される。このウインドウの下部に「環境変数」というボタンがあるので、クリックしよう。

これで環境変数が表示される。

上がユーザーに設定された環境変数、下がシステム全体に適用されている環境変数となっている。同じ変数のものが設定されている場合は、ユーザー側のものが優先される仕組みとなっている。

環境変数を追加する場合には「追加」ボタンを、編集する場合には「編集」ボタンを押すと編集ダイアログが表示される。

変数名と変数値を入力して「OK」ボタンを押そう。

Windows 11 で Windows PowerShell から環境変数を確認・編集する方法

Windows PowerShell から確認する場合には、Get-ChildItem env: コマンドを利用する。

そうすると、このように環境変数の一覧が表示される。

編集する場合には以下のコマンドを利用する

[Environment]::SetEnvironmentVariable(String, String, EnvironmentVariableTarget)

引数の一つ目が環境変数の名前、二つ目が値、三つ目が設定先(User, Machine, Process)となっている。例えば以下のように設定する。

[Environment]::SetEnvironmentVariable('TEST_KEY', 'TEST_VALUE', 'User')

こうすることで環境変数 TEST_KEY に TEST_VALUE という値が保存される。

ちなみに環境変数が反映されるタイミングは PowerShell を起動した時なので、変更直後に Get-ChildItem env: コマンドを実行しても変更は反映されていないように見える。なので一度 PowerShell を再起動しよう。

Windows 11 に設定されている環境変数一覧

Windows には様々な環境変数が設定されている。今自分の PC に設定されているものを中心に列挙してみよう。

まずはパスに関するもの。以下の環境変数はプログラムやデータの保存先となっているパスで、一部を除きエクスプローラーなどで %環境変数% と入力するとその場所をダイレクトに開くことができる。

特に重要且つ触れる機会が多いのが PATH で、ここに記載のあるフォルダパスはコマンド実行時などで参照される先となっている。

Name Value
ALLUSERSPROFILE C:\ProgramData
APPDATA C:\Users\UserName\AppData\Roaming
CommonProgramFiles C:\Program Files\Common Files
CommonProgramFiles(x86) C:\Program Files (x86)\Common Files
CommonProgramW6432 C:\Program Files\Common Files
ComSpec C:\WINDOWS\system32\cmd.exe
DriverData C:\Windows\System32\Drivers\DriverData
HOMEDRIVE C:
HOMEPATH \Users\UserName
INTEL_DEV_REDIST C:\Program Files (x86)\Common Files\Intel\Shared Libraries\
LOCALAPPDATA C:\Users\UserName\AppData\Local
MIC_LD_LIBRARY_PATH C:\Program Files (x86)\Common Files\Intel\Shared Libraries\compiler\lib\mic
NVTOOLSEXT_PATH C:\Program Files\NVIDIA Corporation\NvToolsExt\
OculusBase C:\Program Files\Oculus\
OneDrive C:\Users\UserName\OneDrive
OneDriveConsumer C:\Users\UserName\OneDrive
Path C:\ProgramData\Anaconda3;...
PATHEXT .COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC;.CPL
ProgramData C:\ProgramData
ProgramFiles C:\Program Files
ProgramFiles(x86) C:\Program Files (x86)
ProgramW6432 C:\Program Files
PSModulePath C:\Users\UserName\Documents\WindowsPowerShell\Modules;C:\Program Files\WindowsPowerSh...
PUBLIC C:\Users\Public
SystemDrive C:
SystemRoot C:\WINDOWS
TEMP C:\Users\UserName\AppData\Local\Temp
TMP C:\Users\UserName\AppData\Local\Temp
USERPROFILE C:\Users\UserName
windir C:\WINDOWS

以下はそれ以外の環境変数だ。コンピューターの名前やユーザー名、プロセッサの情報、などが保存されている。

Name Value
COMPUTERNAME ComputerName
LOGONSERVER \\ComputerName
NUMBER_OF_PROCESSORS 12
OS Windows_NT
PROCESSOR_ARCHITECTURE AMD64
PROCESSOR_IDENTIFIER AMD64 Family 25 Model 33 Stepping 0, AuthenticAMD
PROCESSOR_LEVEL 25
PROCESSOR_REVISION 2100
USERDOMAIN ComputerName
USERDOMAIN_ROAMINGPROFILE ComputerName
USERNAME UserName
WSLENV WT_SESSION::WT_PROFILE_ID
WT_PROFILE_ID {wt_profile_id}
WT_SESSION wt_session

どのような環境変数が存在しているのか、ざっと確認してみると良いかもしれない。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました