開発したアプリなど一覧

OBS Studio でゲームやデスクトップ画面の配信を行う方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

ゲームやデスクトップなどの画面を配信する際に必要になるのが配信用のソフトウェアだ。配信ソフトの中でも人気なものの一つに無料で高機能な OBS Studio がある。

Open Broadcaster Software | OBS

単にデスクトップ上の画面を YouTube や Twitch 等の各種配信サイトへ配信するだけでなく、Web カメラなどの外部デバイスから映像の取り込み、画像や動画ファイルを再生、取り込んだ映像にフィルターをかける、シーンを複数用意して切り替えなど非常に高機能となっている。ついでに画面の録画も可能だ。

このページではシンプルに画面を配信する方法を紹介しよう。

OBS Studio のインストールと初期設定

上記 OBS の公式 Web サイトより自分の OS にあったファイルをダウンロードし、インストーラーを実行しよう。自分の場合は Windows 10 なので「Windows」と書かれたボタンからダウンロードした。

インストーラーを実行すると英語のウインドウが表示されるが、わからなければ Next を押していけば OK だ。

インストールできたら起動しよう。

起動すると「自動構成ウィザードを利用するか」を選択するダイアログが表示される。自動構成を選んでも対して楽できるわけではないが、多少わかりやすいかもしれない。自動構成ウィザードを利用する場合は以下の項目を参照してほしい。利用しない場合は飛ばして OK。

OBS Studio の自動構成ウィザードを利用する場合

自動構成を選ぶと以下のようなダイアログが表示される。

「配信のために最適化」と「録画のために最適化」の二種類がある。配信を行うなら上を選択しよう。

映像設定では解像度と FPS を選択できる。基本的にはそのままで良い。

配信先の Web サービスの設定画面が表示される。YouTube や Twitch などであればストリームキーを入力するだけで OK だ。ストリームキーは各種 Web サービスの管理画面などから取得できるのでコピペして入力しよう。

映像ビットレートに関しては数字を大きくすると映像が綺麗になるがその分ネットワークの帯域を必要とする。通常の固定回線であれば初期値の 2500 で問題ないと思う。

配信先の設定を行うと設定の最終確認画面となる。OKなら「設定を適用」を押そう。

OBS Studio を利用してゲームやデスクトップの配信を行う方法

インストールおよび初期設定が完了したら配信の準備を行っていこう。

OBS に配信する画面を指定する

まずは配信を行う画面を指定しよう。OBS に取り込む画面を指定するには、ウインドウ下部にある「ソース」の項目から設定を行う。

ソース欄の左下「+」マークもしくは右クリックから「追加」メニューより取り込む映像を選択する。

よく利用するのは「ウインドウキャプチャ」「ゲームキャプチャ」「画面キャプチャ」の三つだろう。基本的にはウインドウキャプチャを利用して表示したいウインドウを選択するのがやりやすい。

ウインドウキャプチャを選択するとこのようなウインドウが現れる。「ウインドウ」欄より配信したいウインドウを選択しよう。もしウインドウの内容が更新されない場合には「キャプチャ方法」を自動から変更すると動くかもしれない。

ウインドウキャプチャ画面で「OK」を押して閉じると OBS のメインウインドウにこのように表示される。赤枠を操作して配信に映す範囲を指定しよう。この際、Alt キーを押しながら枠を操作するとクロップすることができる。

OBS に配信の設定を行う

自動構成ウィザードを利用しなかった場合、手動で配信の設定を行う必要がある。ウインドウ右下、もしくはメニューのファイルから「設定」を開き、「配信」の項目を表示しよう。

「サービス」欄から配信したい Web サービスを選択し、「ストリームキー」を入力しよう。設定方法は配信サイトによって異なる。

YouTube の場合はこの画面右側にある「ストリームキーを取得」から YouTube のダッシュボードを開き、「ストリームキ」をコピーしてこよう。

この値を OBS に入力し、設定画面の右下にある「適用」「OK」ボタンを押して設定を保存しよう。

Twitch や Mixer に関してはアカウント連携するだけなので楽で良い。

OBS から配信を行う

全ての準備ができたら「配信開始」ボタンを押そう。

YouTube Live での例だが、全ての設定が正常であればこのようにダッシュボード上で OBS のプレビュー画面通りに表示されているはずだ。

配信を終わる場合も同様に「配信終了」のボタンを押そう。

まとめ

このように OBS を利用すると簡単にデスクトップ画面やゲームなどを配信することができる。無料だが非常に高機能なので使い方をしっかり把握しておこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました