Windows でデータ通信量や転送速度を計測するソフトウェア NetWorx

シェアする

インターネットを利用する際、どのくらい転送速度が出ているのか、どのアプリケーションがどの程度データ通信を行っているのか、を把握しておく事は重要です。とくにノートパソコンを持って出先でインターネットに接続する際は利用する Wi-Fi が遅かったり、テザリングなどはデータ通信量の制限に気をつけなければいけない事もあります。

Windows でデータ通信量や転送速度を確認するのであれば NetWorx というフリーソフトを利用すると簡単に計測できて便利です。

このソフトウェアをインストールして起動するとタスクトレイに常駐し、以後通信を監視してくれます。

タスクトレイ上のアイコンにマウスカーソルを乗せると現在の転送速度がこのように表示されます。

タスクトレイアイコンの右クリックメニューより「転送速度計測」を選択するとより詳細な転送速度を計測可能です。

転送速度は実際に通信したデータ量を元に計測している為、スピードテストとは違った結果になります。

「レポート結果」を表示すると日・週・月別にどのくらい通信したのか、どのアプリケーションがどれだけ通信を行ったのかを集計して表示できます。

日別はこんな感じの棒グラフで表示。

アプリケーション毎はこんな感じ。やはり良く使う Google Chrome やゲーム関連は多いです。この表示は恐らく exe ファイル毎に計測しているので同じアプリケーションでも複数表示されていますね。

ただ計測するだけでなく通信量に応じて通知を行ったり、転送量を制限する機能も搭載されている為、使いすぎを防止する事ができます。

Windows で通信量を確認したいのであれば便利なソフトウェアです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする