開発したアプリなど一覧

パタヤへ二週間ほど滞在してきたメモ

年末年始はタイの歓楽街であるパタヤで過ごしてきた。町中はいたるところにバービアが並び世界中から旅行者や沈没者が集まる非常に賑やかな街であった。年始には複数方向から大量の花火が打ち上がりウォーキングストリートでは泡スプレーを撃ち合うなど日本では味わえない祭りを楽しめた。

タイには何度か行ったがパタヤは数日しか行った事なかったので、折角年末年始になるので二週間ほど滞在する事にした。

パタヤとは

もともとは単なる漁村だったのだが、ベトナム戦争時代から米軍の保養地として発展した街らしい。現在でも欧米人やロシア人が非常に多く集まる街で、とくにウォーキングストリートや LK メトロを中心としたゴーゴーバーやバービアなどが集まる繁華街で有名だ。

場所はバンコクの南東。

最近ではアラブ人やインド人、中国人なども増えてもはやどこの国なのかよくわからない状態だ。

街は繁華街で有名だがソレ以外にも長期滞在者向けの安いコンドミニアムや安宿、飯屋、屋台なども多く、旅行や夜遊びだけでなく沈没するにも適した街となっている。

パタヤまでの行き方

バンコクからはバスで2時間半程度の位置にある。アクセスが良いのも人気の理由の一つだ。パタヤにも一応空港はあるのだが便数が少ないしパタヤ市街からはある程度距離があるのであまり便利ではない。

バスで行く場合は BTS エカマイにあるエカマイ・バスターミナルもしくはスワンナプーム国際空港などから乗れる。わかりやすいのはエカマイのバスターミナルだろう。

バスには普通の長距離バスとロットゥーと呼ばれるミニバンを利用するバスの二種類がある。ミニバンのほうがちょっと高いが早く着くようだ。

料金は普通のバスが 108 THB, ロットゥーが 120 THB だ。

パタヤ市内のバスターミナルは市街地北東部にある。市街地からはやや離れているがソンテウが出ているので楽。

もしくはタクシーを利用する手もある。バンコク市内から 1500-2000THB ぐらいでいけるので複数人で行くなら有り。

ちなみに鉄道駅もあるのだが一日一便しかないので不便。鉄オタ向け。

パタヤ市内の交通

パタヤ市内にはバスや鉄道などは無く、ソンテウかタクシー(もしくはバイタク)の二択となる。ソンテウはある程度ルートが決まっており、

  • ビーチロードとセカンドロードを周回するもの
  • ソイブッカオを南北へ進むもの
  • ターミナル21付近とバスターミナルを行くやつ

といった感じで走っている。料金は殆どが 10 THB で後払いだ。基本的に大通りを走るのでどこ行きかわかんなくてもとりあえず進行方向に進むやつに乗って、道それたら降りて 10THB 払って別のにのれば良いと思う。

タクシーは Grab も使えるが Grab のバイタクは無し。

パタヤ観光

一番有名なのはウォーキングストリートや LK メトロを始めとした夜遊びスポットだろう。パタヤはゴーゴーバーやバービア・クラブなどが集まる街でそれを目的として来る旅行者は多い。

もちろんビーチもあるしマリンスポーツなども楽しめる(らしい、俺はやったことない)。有名なのはバナナボートか。海自体はそこまで綺麗なわけでもないのでシュノーケリングとかするならラン島行くと良い。

ビーチロード沿いにはショッピングモールが建ち並んでおりショッピングなど楽しめる。最近バンコクにもある Terminal 21 のパタヤ店もできた。とても綺麗な建物で各フロアはそれぞれ海外の都市をイメージしたユニークな内装となっていて面白い。フードコードの値段は激安だし映画館もあるので便利。

パタヤの安宿

パタヤは観光客が多いためホテルも格安ドミトリーから高級ホテルまで様々な種類のものが用意されている。自分は貧乏旅行者なので Agoda で安い宿を探して滞在した。

自分が泊まった安宿はどれも良かったが、安くてのんびり滞在するなら Happy Hostel, ウォーキングストリート近くなら ChaChaCha Hostel, LK メトロ近くなら 18 Coins Hostel がオススメできる。

パタヤ・ウォーキングストリート近くの綺麗な安宿 Cha Cha Cha Hostel

パタヤ LK メトロの近くにあるモダンな安宿 18 Coins Cafe & Hostel

パタヤ・サードロードの静かな所にあるプール付き安宿 Happy Hostel

パタヤの物価

観光都市なので観光客向けのところへ行くと当然高い。ビーチロード沿いの良さ気なフードコートに入ると一食 200 THB とか書いてあったので思わず引き返したりした。

値段を抑えるならビーチロードから離れてソイブッカオやサウスパタヤロード近辺などへいくと安い飯屋が沢山あって良い。バービアやゴーゴーバーなどについては酒をあまり飲まないので知らん。

宿もピンキリだが安宿なら 300THB 以下でも沢山見つかる。例えば自分が年末年始に滞在した Happy Hostel は Agoda で予約すると一泊あたり 250THB であった。

まぁ外国人旅行者が多いと言ってもタイなので観光客向けのところに行かなければ他の街同様に激安である。飯は一食 50THB 程度から, 水は 600ml? ペットボトルで 7THB, 床屋はカット 100THB, マッサージ60分 200THB などとても安い。

パタヤの治安

旅行者が集まる街なだけあって不安は感じない。街全体が夜間でも騒がしいのでよほど静かなところへ行かない限りは怖さを感じない。

とはいえタイ自体は日本より治安悪い事に変わりないので気をつけよう。外国人をターゲットにしたアレコレもあるだろうし。

まとめ

2週間と短い間であったが非常に居心地の良い街であった。また機会があればのんびり過ごしたいものだ。

Sponsored Link

コメント