開発したアプリなど一覧

ベトナム旅行するならタクシー配車アプリ Grab が超便利!

つい最近までベトナムに滞在していた。ベトナムはどの都市も地下鉄や路面電車などはなく、公共交通機関はわかりにくいバスのみだ。そのため観光客はタクシーを多用する事になる。しかし観光地のタクシーは現地人と比べ割高な料金を請求される事が多くメーターを利用しようとしないなどトラブルが絶えない。これはベトナムに限らずタイやミャンマーなど他の東南アジアの都市でも同様だ。

そんな状況を解決するのがタクシー配車サービスである Grab だ。Grab は東南アジア版 Uber といった感じのサービスでベトナムやタイ・ミャンマーなど東南アジア各国でタクシーやバイタク、フードデリバリーなどをスマホアプリから行う事ができる。以前は東南アジアにも Uber があったのだが、Grab に事業売却して撤退したぐらい Grab が強い。

Ride Hailing Platform: Bikes, Cars & Taxi Booking | Grab

Android アプリは Google Play からダウンロード・インストールできる。

さっそくベトナムで Grab を利用してみよう。

登録時には SMS による認証があるので電話番号が必要だ。ベトナムなら安くプリペイド SIM を購入できるのでそれを利用すると良い。

アプリを開くとどのサービスを利用するのかを指定できる。タクシーを選択すると上記のように現在待機中のタクシーとその位置が表示される。

ベトナムのホーチミンシティでは通常のタクシーだけでなくバイクタクシー、フードデリバリーも行える。フードデリバリーは他の都市では行っていないところもあるようだ。

今回はバイクタクシーを呼んでみよう。使い方はとても簡単だ。

現在地を確認して乗車位置を指定し、目的地を検索もしくはマップから指定しよう。目的地が決まれば料金が表示されるので確認したら「BOOK」ボタンを押す。そうするとドライバーが決定して乗車位置まで迎えに来る。

しかし、人通りが多いところでは誰が Grab を待っているのかがわかりにくいし、ドライバーの中には日本語はもちろん英語での意思疎通も怪しい人がいる。ドライバーの写真も表示されるが運転中はヘルメットやマスクでわかりにくい。

Grab にはドライバーとの通話やチャットができる機能がある。どこでタクシーを待っているのかを伝えたり、逆にタクシー側が「そこには入れないから○○まで来てくれ」という場合もある。チャットには翻訳機能もビルドインされているのでベトナム語でもなんとなく話は通じると思う。写真も送れるので、場所がわかるように自撮りするのもアリだ。

バイクは個人のもののようだがヘルメットとユニホームは Grab のものを利用しているのでわかりやすい。Grab のバイタクはちゃんと乗客用のヘルメットもあるので安心だ。

支払いは現金で降車時に払う。現地の銀行口座を持っていればキャッシュレスでの支払いも可能らしい。残念ながらクレジットカード決済はできないようで、自分は常に現金払いしていた。

乗車が完了したらアプリ側ドライバーを評価する画面になる。よかったら星5を上げよう。また、レシートがメールでも届く。

このような感じで簡単に利用できる。

東南アジアによく居る観光客をカモにしているボッタクリタクシーを相手にせず、適正価格で移動できるのは非常に嬉しい。ベトナムだけでなく、タイやミャンマー、フィリピンなどでも利用できるので東南アジアへ旅行するならオススメだ。

Sponsored Link

コメント