開発したアプリなど一覧

セカイ VPN を macOS で利用する方法

日本発の VPN であるセカイ VPN だがもちろん macOS からでも利用できる。

いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】

macOS からはセカイ VPN の提供するクライアントを利用する方法と macOS 標準機能である L2TP を利用する方法の二種類の接続方法をサポートしている。それぞれ試してみよう。

セカイ VPN 自体の解説は以下を参照してほしい。

無料期間もあるセカイ VPN を Windows で利用し、海外から日本の Web サイトへアクセスしたり通信を暗号化する

コネクトマネージャーを利用してセカイ VPN へ接続する

最も簡単なのはセカイ VPN の提供する専用クライアント、コネクトマネージャーを利用する方法だろう。以下の URL よりダウンロードが可能だ。

「INTERLINK VPNコネクトマネージャーMac版」の使い方

ダウンロードした dmg ファイルを開くと以下のようなウインドウが表示される。

InterlinkVPN.app をアプリケーションへドラッグしよう。インストール作業はこれだけだ。

インストールした InterlinkVPN を起動すると以下のような画面になる。

セカイ VPN の ID とパスワードを入力し、接続したいサーバを選択して「接続する」ボタンを押すだけだ。

接続できれば右上のステータスが「接続中」と表示される。IP アドレスなどは上手く取得できていないようだが、以下の Web ページより現在の IP アドレスを確認できる。

IP アドレス | tools.loumo.jp

ちゃんと中華民国と表示されている。

接続を終了させる際には「接続を切る」ボタンを押せば良い。

L2TP を利用してセカイ VPN へ接続する

L2TP であれば多少設定の手間はかかるものの OS 標準の機能のみで利用できるので追加インストール不要でセカイ VPN へ接続できる。

macOS で L2TP を利用した接続方法は以下のページで解説している。

macOS で VPN へ接続する(L2TP/IPSec 編)

セカイ VPN では以下のように設定を行う。

VPN タイプL2TP over IPsec
サービス名なんでも良い
サーバアドレスセカイ VPN の提供するサーバーアドレスのうちどれか一つ
アカウント名セカイ VPN の ID
認証設定「パスワード」を選択
パスワードセカイ VPN のパスワード
コンピュータ認証「共有シークレット」を選択
共有シークレット123

詳細画面のオプションを開き、「すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信」にチェックを入れるのを忘れずに行おう。

これで「接続」ボタンを押せばセカイ VPN へ接続できる。

余談だが先程紹介したセカイ VPN クライアントも macOS の L2TP 機能を利用している事に変わりはない。設定を自動で行うか手動で行うかの違いだ。

Sponsored Link

コメント