開発したアプリなど一覧

Windows 10 でアプリをアンインストールする方法

Windows 限らずアプリを沢山インストールしたら容量が少なくなる。そうするとデータや不必要なアプリを削除して容量を増やす必要がある。

Windows 10 ではアプリのアンインストール方法がいくつか用意されている。1つずつ試してみよう。

スタート画面からアンインストール

最も簡単なのはスタート画面からのアンインストールだろう。スタート画面を開き、ピン留めされたアプリやすべてのアプリより不要なアプリを右クリックすれば「アンインストール」のメニューが表示される。

windows10-uninstall-apps-from-start-menu

選択すると「アンインストールします」と書かれたダイアログが出るので「アンインストール」ボタンを押すとアンインストールが完了する。

データサイズを確認してアンインストール

HDD や SSD の容量をあける為にアプリを削除するのであれば各アプリが使用しているデータ量を確認して削除したいところだ。アプリのサイズで並び替えができればどれを削除すれば良いのかわかりやすい。

Windows 10 であれば「設定」->「システム」->「アプリと機能」を開く事でアプリ一覧を容量付きで表示、並び替える事が可能だ。

windows10-uninstall-apps-from-system-settings

予想通り、容量の大きくなりがちなゲームが上位を占めている。ここでアプリを選択すると「アンインストール」ボタンが表示されるのでここからアンインストールが可能だ。

この画面ではサイズ順以外にもアルファベット順、インストール順の並び順に変更も可能なので目的のアプリを探してアンインストールするのに良い。

昔ながらのアンインストール方法を Windows 10 でも行う

以前の Windows ではコントロールパネルなどから「プログラムの一覧」を開いてアンインストールする手法が多かったと思う。もちろん Windows 10 でも可能だ。

スタートボタンを右クリックすると「プログラムと機能」という項目があるので、選択するとプログラムの一覧が表示される。

windows10-uninstall-apps-from-program-list

旧バージョンの Windows を利用したことがあれば見覚えがある画面だと思う。削除したいプログラムを右クリックすればアンインストールのメニューが表示される。ここでもカラム名をクリックすることでサイズ順、インストール順、名前順、などで並び替えを行う事が可能だ。

Sponsored Link

コメント