開発したアプリなど一覧

Google スプレッドシート内で Google 翻訳を利用する

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Google スプレッドシートで利用できる関数には Google 翻訳を利用する GOOGLETRANSLATE 関数も用意されている。これを利用すれば簡単にテキストを翻訳することができる。アプリや YouTube 動画の多言語対応する際に便利そうである。

このページでは Google スプレッドシートで翻訳を行う GOOGLETRANSLATE 関数の使い方を紹介しよう。

GOOGLETRANSLATE 関数の利用方法

GOOGLETRANSLATE 関数の使い方は以下の通り。

GOOGLETRANSLATE(テキスト, ソース言語, ターゲット言語)

仕様としては以下のような感じ。

  • 引数はそれぞれ文字列もしくはセルを指定できる
  • ソース言語とターゲット言語は二文字の言語コード(en,ja等)で指定する
  • また、ソース言語・ターゲット言語は省略可能
  • ソース言語を省略すると自動的に識別
  • ターゲット言語を省略するとシステムの言語に翻訳

言語コードは国別コードとは別の値なので注意が必要だ。例えば日本語は ja, 韓国語は ko となる。中国語は zh だが、簡体字か繁体字かを指定する際にはそれぞれ zh-cn, zh-tw と記述する。

Google スプレッドシート内で利用する際は以下のような感じ。

=GOOGLETRANSLATE(A2, "ja", "en")

このように記述すると、A2 の内容を日本語から英語に翻訳した結果がこのセルに表示される。

こんな感じで複数のテキストをまとめて他の言語に翻訳が可能だ。いちいち翻訳ソフトとコピペで作業する必要もない。

もちろん機械翻訳なので翻訳の質には注意が必要だが、利用用途によっては十分だろう。

なおこのメソッドは Google スプレッドシート限定なのか、 Google Apps Script からは利用できないようだ。

また、翻訳するのではなくテキストがどの言語かを検出する DETECTLANGUAGE という関数も用意されている。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました