開発したアプリなど一覧

Windows 11 でドライブの最適化(デフラグ/トリム)を行う方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

HDD や SSD といった PC のストレージは使い続けるにつれ性能が低下することがある。HDD の場合はデータの断片化、SSD の場合は不要なデータが溜まることにより、読み込みや書き込みの速度が低下する現象が発生する。

これらの性能低下を防ぐために Windows には「ディスクの最適化」という機能が備わっている。ディスクの最適化を行うと HDD の場合にはデフラグを、SSD の場合にはトリムが実行され、低下したストレージ性能を向上させることができる。

このページでは Windows 11 でドライブの最適化を行う方法を紹介しよう。

Windows 11 でディスクの最適化(デフラグ/トリム)を行う方法

以下の手順によりディスクの最適化を行うことができる。

エクスプローラーから「PC」を開く

タスクバーやスタートメニューなどからエクスプローラーを開き、左側のツリービューから「PC」を選択しよう。

このように「デバイスとドライブ」の欄に接続しているドライブの一覧が表示される。

最適化の画面を開く

エクスプローラーのツールバーにある「・・・」をクリックし、「最適化」を選択する。

最適化を行う
「ドライブの最適化」というダイアログが表示されていると思う。

ここでは各ドライブの最適化に関する情報が表示される。メディアの種類(HDDかSSDなど)や前回行った日時、現在の状態などが表示される。

最適化したいストレージを選択し、「最適化」ボタンを押そう。

デフラグとトリムどちらが実行されるかだが、搭載しているストレージの種類により自動的にデフラグ/トリムを選択してくれるので、どっちを動作するか等は気にしなくてよい。

しばらく放置すると完了する。

Windows 11 でディスクの最適化(デフラグ/トリム)を定期的に行う設定の変更

Windows 11 では標準でディスクの最適化が定期的に行われるように設定されている。

上記「ドライブの最適化」ウインドウ内に「スケジュールされた最適化」という項目がある。デフォルトではこのように「頻度:毎週」と書かれており毎週実行される。定期的な最適化の実行を変更するには、「設定の変更」ボタンを押そう。

そうするとこのようにスケジュールに関する設定が表示される。頻度は「毎日」「毎週」「毎月」の三種類から、最適化を行うドライブも選択できる。

毎日やる必要はないが毎月でも良いので設定しておくとストレージの性能を保てるのではないかと思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました