開発したアプリなど一覧

Windows 11 の検索履歴を削除する・無効化する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows ではスタートメニューやタスクバーの検索欄から、コンピューター内や Web 上の検索を行うことができる。その際、以前検索した履歴が残るようになっている。

以前検索したものをもう一度検索したいという場合には便利な履歴機能だが、中には履歴を削除したり、そもそも履歴を残したくない場合もある。

このページでは Windows の検索機能の検索履歴を削除する方法および、履歴機能を無効化する方法を紹介しよう。

Windows 11 の検索履歴を一つずつ削除する方法

検索履歴を一つだけ削除したい場合は、検索欄から削除したいものにマウスカーソルを合わせると表示される「×」マークをクリックしよう。

こうすれば特定のものだけを削除できる。

Windows 11 の検索履歴全て削除する方法

検索履歴をすべて削除したい場合には Windows の設定アプリから「プライバシーとセキュリティ」->「検索アクセス許可」を開こう。

もしくは検索欄の右側にある「・・・」から「検索設定」を選択してもよい。

この中に「デバイスの検索履歴をクリア」というボタンがある。このボタンをクリックすると検索履歴を全て削除することができる。

Windows 11 の検索履歴を保存しない方法

そもそも検索履歴を保存したくない場合には、検索履歴機能自体を無効化しよう。

Windows の設定アプリから「プライバシーとセキュリティ」->「検索アクセス許可」を開こう。

「検索候補の質を向上するには、このデバイスで検索履歴をローカルに保存することを Windows Search に許可します。」のスイッチを「オフ」にしよう。

オフにすると検索履歴が保存されなくなる。

検索履歴が無い状態ではこのように履歴が表示されていた場所におすすめが表示される。

このように Windows の検索履歴は削除したり無効化することができる。うまくコントロールしていこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました