開発したアプリなど一覧

Windows 11 で不要ファイルを削除してストレージ容量を空ける方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

PC を利用して様々な作業をしていると、いつのまにかストレージの空き容量が足りなくなってしまうことがある。そういった場合には不要なファイルを削除してストレージの容量を空ける必要がある。しかし、どのファイルが容量を消費しているのかを調べるのは結構面倒な事だ。

この記事では Windows 11 利用時にストレージの空き容量が不足している時に試してみることをいくつか紹介しよう。

Windows 11 の設定からストレージ容量を消費しているものを確認する

まずは何がストレージ容量を多く消費しているのかを確認しよう。Windows 11 の「設定」アプリから「システム」->「記憶域」を開こう。

そうするとこのような画面になると思う。この PC ではローカルディスク(C:) の最大容量は 930GB でそのうち 425GB を使用している。さらにその中で「アプリと機能」だけで 349GB も使用している。この場合空き領域を空けるのであれば一番容量を消費している「アプリと機能」からアプリをアンインストールしていくのが効果的であると考えられる。

もし、ここで「ドキュメント」や「ビデオ」、「ピクチャ」、「デスクトップ」などの項目のストレージ使用量が大きければ、それぞれのフォルダを開き、不要なファイルを削除したり他のストレージデバイスに移動させることで空き領域を増やすことができる。

このように何がどれだけ容量を消費しているのかを把握することで対処方法がかわってくる。

Windows 11 で「その他」がストレージ容量を大量に使用している場合

Windows 標準の「ドキュメント」や「ビデオ」「ピクチャ」などに無いファイルについては「その他」にひとまとめにされるようだ。アプリケーションによっては「ドキュメント」や「ピクチャ」などのフォルダを利用せず、独自にフォルダを作成してファイルを保存する場合がある。

例えば自分の PC では Dropbox フォルダが容量を消費しているようだ。このような場合は個別に何が容量を消費しているのかを確認して削除や移動させる必要がある。

Windows 11 で不要なアプリをアンインストールして空き容量を増やす

もしゲームなどの大容量のアプリケーションをインストールしているのであれば、利用していないアプリ・ゲームをアンインストールするだけで大幅にストレージの空き領域を増やすことができる。

Windows 11 でアプリをアンインストールする方法については詳しくは以下を参照してほしい。

Windows 11 でアプリをアンインストールする方法 | Lonely Mobiler

Windows 11 で一時ファイルを削除して空き容量を増やす

Windows では利用していくにつれ「一時ファイル」と呼ばれるファイル群が溜まっていき、容量を消費してしまうことがある。これはゴミ箱にいれたファイルや Windows アップデート等でシステムが一時的に利用したファイルなどが含まれており、基本的には削除して問題ないファイルとなっている。

「設定」アプリから「システム」->「記憶域」を開き、「一時ファイル」の項目をクリックしよう。

そうすると、このように一時ファイルの種類毎にどれだけ容量を使用しているのかが一覧で表示される。各項目には詳細な解説があるため、削除しても良いのかの判断を行えるようになっている。

ゴミ箱とダウンロードに関しては各々の利用方法によるので一概には言えないが、それ以外のファイルに関しては削除してしまって問題ない。

Windows 11 でストレージセンサーを利用して一時ファイルを自動的に削除する

Windows 11 には一時ファイルを自動的に削除する「ストレージセンサー」と呼ばれる機能が搭載されている。ファイルの削除が面倒であればこちらを利用すると勝手に掃除してくれるので手間が省ける。詳しくは以下の記事を参照してほしい。

Windows 11 不要ファイルを自動削除するストレージセンサーの利用方法 | Lonely Mobiler

USB ストレージ・メモリを利用する

ストレージの空き容量が足りなくて削除できるファイルもない、という場合には外付けのストレージデバイスを購入するのも一つの手だ。USB メモリだけでなく USB SSD も近年は小型で大容量なため、使い勝手がとても良い。

自分は以下の USB SSD を利用し、大容量のファイルはそちらに保存している。

BUFFALO の小型 USB SSD(SSD-PGM960U3) を購入した | Lonely Mobiler

これは USB ケーブルで接続するものだが、以下のように USB 端子に直接挿す、USB メモリのような形の USB SSD もある。

使いやすそうだ。

Windows 11 でストレージの空き領域が足りない場合の対処方法まとめ

このようにストレージの空き容量が足りない原因によって対処方法も変わってくる。一つ一つ確かめて対処しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました