開発したアプリなど一覧

Windows 11 でアプリをアンインストールする方法

Windows 11 へアップグレードしたら案の定クラップウェアが大量にスタートメニューに追加されていた。

オフィスや TikTok, Instagram など不要なものが置いてある。こういう使わないものを PC にインストールしていると余分にストレージ容量を使ってしまうし、スタートメニューが散らかってしまい邪魔だ。必要なら自分でインストールさせるべきだ。

ここでは Windows 11 からアプリをアンインストールする方法をいくつか紹介しよう。

Windows 11 のスタートメニューからアプリをアンインストールする方法

最も簡単なのはスタートメニューからのアンインストールだ。スタートメニューに表示されているピン留めされているアプリを右クリックし、「アンインストール」を選択しよう。

もしくは、スタートメニューからアプリの一覧から、もしくは検索してアプリを選択し、「アンインストール」を選択しよう。

Windows 11 のアプリ一覧からアンインストールする方法

ストレージ容量が少なくなったなどの理由でインストール中のアプリを整理したい、などという場合には設定アプリからアンインストールする方法が便利だ。

Windows 11 の設定アプリから「アプリ」->「アプリと機能」を進めていこう。

このようなアプリの一覧が表示される。項目の右側にある…をクリックし、「アンインストール」を選択しよう。

また、この画面ではアプリをサイズ別に並び替えることができるため、不要でサイズの大きなアプリを選択してアンインストールできる。

ただここで上手くサイズを認識できないアプリもある。例えばこの PC には Apex Legends という 70GB ぐらいあるゲームがインストールしてあるが、設定アプリ上では正常にサイズが表示されていない。

Windows 11 のコントロールパネルからアプリをアンインストールする方法

もちろん従来のコントロールパネルを利用してのアンインストールも可能だ。Windows 11 ではスタートメニューから検索してコントロールパネルを開くことができる。

Windows 11 でコントロールパネルを開く方法 | Lonely Mobiler

コントロールパネルの「プログラム」->「プログラムのアンインストール」と選択すると、以下のような画面になる。

アプリを選択して「アンインストール」を選択するとアンインストールできる。

まぁこっちもサイズは正常に認識されないのであんまり変わらないかもしれない。特にゲーム系は Steam や Origin などのプラットフォーム毎のアプリからアンインストールしたほうが良いだろう。

Steam ライブラリをサイズ別でソートして重くて遊んでないゲームを削除する | Lonely Mobiler

Windows 11 のアプリアンインストール方法まとめ

このようにアプリのアンインストール方法にはいくつか種類がある。Windows を利用する上では必須の機能といっても良いだろう。ストレージ容量が少なくなったり、スタートメニューにアプリが多すぎて邪魔などの場合には整理しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました