開発したアプリなど一覧

iPad を Windows のペンタブとして利用する astropad project Blue

アフィリエイトリンクを含む場合があります

iPad では単なるタッチスクリーンではなく、 Apple Pencil を利用したペン入力にも対応している。Apple Pencil は精度が非常に高く、傾き検知や筆圧感知などもあり、お絵描き用のデバイスとしても有能なのだが、これを使い慣れた Windows で利用したいという場合もあるのではないかと思う。

iPad を Windows の液晶タブレットとして利用するのであれば、astropad の提供する project Blue を利用してみよう。

Project Blue - Free Public Beta for Astropad Studio on Windows

これは iPad を Wi-Fi もしくは USB 接続により Windows の液晶タブレットとして利用するためのソフトウェアだ。現在はパブリックベータテスト中で無料で利用できるが、正式リリースの際には他の astropad 製品同様有料になるのではないかと思う。

‎Project Blue on the App Store

パブリックベータの利用の際にはメールアドレスの登録が必要となる。登録すれば以下のようなダウンロード画面が現れると思う。

双方ともにダウンロードしてインストールしよう。

利用方法は非常に簡単だ。Windows iPad 共にアプリをインストールしたら両方とも起動するだけだ。

初回起動時には iPad 側には「"Project Blue" がローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を求めています」とダイアログが出る。これに「OK」を押すと、Windows 側で「iPad を接続して良いか?」という旨のダイアログが表示されるので、「OK」を押そう。これだけで iPad が Windows の液タブとして利用可能となる。

利用中は Windows 側にはどの範囲を液タブとして利用するかを範囲選択するウインドウが表示される。このウインドウをドラッグやリサイズして場所を決めよう。

ペンタブレットとしては筆圧感知できるのはもちろんのこと、タッチジェスチャーにも対応しており、二本指タップで戻ったり捻ってキャンバスを回転させたりなどできる。

iPad 側にはサイドバーがあり、ペイントソフトの操作やジェスチャー機能の設定などを行うこともできる。

Wi-Fi 経由で接続したが遅延も少なく、かなり快適に利用できる。一度接続の設定を行えば、再接続時はアプリを起動するだけで自動的に接続されるので、スムーズに利用できるのも良い。

iPad を Windows の液晶タブレットとして利用したいのであれば、試してみると良いかもしれない。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました