開発したアプリなど一覧

Windows 11 のダークモードやウインドウ色を変更する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows 11 ではユーザーの好みに合わせてウインドウや背景の色を変更することができる。このページでは Windows 11 でダークモードを利用したり、ウインドウなどの色を変更する方法を紹介しよう。

Windows 11 でダークモードを利用する方法

ダークモードを有効にするとウインドウの背景などが黒くなる。Windows 11 のダークモードを利用するにはスタートメニュー等から「設定」アプリを起動し、「個人用設定」->「色」を開こう。

そうすると、このように「モードを選ぶ」という項目がある。デフォルトでは「ライト」になっているが、「ダーク」を選択するとダークモードが有効になり、ウインドウの背景色が黒になり、反対に文字色は白くなる。

このような感じ。

ダークモードを無効にする場合も同様に「モードを選ぶ」から「ライト」を選択しよう。

Windows 11 のウインドウの色を変更する方法

背景色以外のタスクバーやウインドウのタイトルバーなどに利用する色も設定により変更できる。ダークモード同様に「設定」アプリから「個人用設定」->「色」を開こう。

「アクセントカラー」という項目がある。「自動」を選択すると壁紙から自動的に選択するが、その下の色一覧画面より自分で好きな色を選択できる。ここで選択した色がウインドウなどの色となる。

アクセントカラーをどこに適用させるかはさらに下に設定項目がある。

「スタートとタスクバーにアクセントカラーを表示する」と「タイトルバーとウインドウ枠線にアクセントカラーを付ける」の二つの設定がある。それぞれ設定を有効にすると、色が適用される。

ワインレッドのような色を適用してみた。このようにウインドウのタイトルや枠、タスクバーが選択した色になる。

このような感じで簡単に色を変更できる。自分好みの色に変更して快適に利用しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました