開発したアプリなど一覧

iPad Pro でスクリーンショットを撮る方法

iPhone や iPad では電源ボタンとホームボタンを同時押ししてスクリーンショットを撮影できる。しかし、iPad Pro にはホームボタンが無いので、別の方法で撮影することとなる。

このページでは iPad Pro で画面のスクリーンショットを撮る方法を四つ紹介しよう。

電源ボタン+音量上でスクリーンショットを撮影する

もっとも簡単なのは、電源ボタンと音量の上ボタンを同時に押す方法だ。タイミング良く同時に押してすぐ放すことで画面を撮影することができる。長押ししてしまうと電源オフの画面になったりするので注意だ。

スクリーンショットの撮影に成功すると画面全体がフラッシュし、画面左下に撮影したスクリーンショットのプレビューが表示される。

ちなみに、Android では昔から電源ボタンと音量下ボタンの同時押しでスクリーンショットを撮影できる。わざと被らないように音量上を利用するようにしたのだろうか。

Siri にスクリーンショットを頼む

電源ボタンと音量ボタンを同時に押すのは iPad の持ち方や姿勢などによっては難しい場合もある。そのような場合には Siri に頼むことでも画面を撮影できる。

Siri を有効にした状態で英語なら「Hey Siri! Take a Screenshot!」日本語なら「ヘイシリ!スクリーンショットを撮って!」と言えば画面を撮影してくれる。

外出先などでは声を出すことはできないかもしれないが、家にいる時であれば便利かもしれない。

AssistiveTouch を利用してスクリーンショットを撮影する

AssistiveTouch を利用する方法もある。設定より AssistiveTouch を有効にした状態でボタンを長押し ー> デバイス ー> その他と進めていくと、「スクリーンショット」という項目がある。これをタップすればスクリーンショットを撮影できる。

ここで撮影されるスクリーンショットには AssistiveTouch のボタンは表示されないので邪魔にならない。

キーボードショートカットでスクリーンショットを撮影する

Magic Keyboard や Bluetooth キーボードなどを利用しているのであれば、キーボードショートカットによるスクリーンショットの撮影も行うことができる。

iPad では以下の二つのキーボードショートカットが用意されている。

  • command-shift-3 撮影のみ
  • command-shift-4 撮影して編集

ちなみに macOS でも同様に command-shift-3 でスクリーンショットを撮影できるが、command-shift-4 は選択範囲をスクリーンショットという少し別の機能が割り当てられている。macOS と iPadOS 両方使う人は注意だ。

まとめ

このようにスクリーンショットの撮影一つをとっても、様々な方法が用意されている。状況に合わせて使いやすい方法で撮影しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました