開発したアプリなど一覧

iPad のディスプレイ輝度の自動調節を無効にする方法

iPad を利用していると、時たまディスプレイの輝度が勝手に暗くなってしまう事があった。良く見てみると、どうやら iPad を横置きしている時にディスプレイ端にあるセンサー類を塞いでいる時に発生するものだったので、ディスプレイの輝度調節機能が有効になっていると判断した。Apple Pencil を利用している際などは塞いでしまう事もあり、勝手に輝度が調節されてしまうと画面が見にくくなってしまうので困る。

このページでは iPad のディスプレイ輝度の自動調節を無効化する方法を紹介しよう。

iPad のディスプレイ輝度の自動調節を無効にする方法

iPad の設定アプリにある「アクセシビリティ」から、「画面表示とテキストサイズ」の項目を開こう。

この画面の一番下に「明るさの自動調節」という項目がある。このスイッチをオフにすれば、ディスプレイ輝度の自動調節がなくなり、ディスプレイ上部にある明るさセンサーを塞いでも明度が勝手に下がることはなくなる。

本来であればディスプレイ輝度の自動調節は環境に合わせて適切な明度にしてくれる便利な機能ではあるが、このように誤作動を起こしてしまう可能性もある。勝手に輝度が変わってしまうのは困るという場合には、設定より無効化しておこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました