開発したアプリなど一覧

OBS を仮想カメラとして認識させる VirtualCam を利用する方法

OBS Studio はデスクトップ画面の配信や録画を行うソフトウェアだが、プラグインを導入することで仮想的な Web カメラとして利用することも可能だ。仮想 Web カメラとして利用できればビデオ通話の際に OBS の画面を映すことができる。Web 会議や友人とのゲームプレイの際などに役に立つだろう。

このページでは OBS Studio を仮想的な Web カメラとして利用する方法を紹介する。

OBS を仮想カメラとして認識させる VirtualCam を利用する方法

OBS Studio で仮想 Web カメラを利用するには VirtualCam というプラグインをインストールする必要がある。

Releases · CatxFish/obs-virtual-cam · GitHub

zip と installer.exe の二種類あるが、OBS Studio をデフォルト設定でインストールしているのであれば installer.exe を利用するのが楽だ。

ダウンロードした installer.exe を実行してガイドに沿っていけばインストールできる。

インストール場所は OBS Studio と同じ場所じゃないとダメだと思う。ここさえ間違ってなければ OK だろう。

インストールが完了したら OBS Studio を起動しよう。メニューのツール欄に「VirtualCam」という項目があるはずだ。

これを開くと VirtualCam の設定ウインドウが現れる。

Target Camera を選択し、Start ボタンを押すと、選択した仮想カメラに対して OBS の映像が出力される。

この状態で Discord や Zoom などの Web カメラの映像を取り込めるアプリで OBS-Camera を指定すれば、OBS の映像が Web カメラとして認識され、Web 会議などで相手にも見えるようになる。

このようにプラグインの導入が必要とはいえ、簡単に OBS Studio を Web カメラとして利用することができた。OBS を利用するなら入れておくと便利なプラグインだと思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました