Header 領域を整理して WordPress を速くする Head Cleaner

シェアする

最近のブログテーマやテンプレート等は JavaScript や CSS を多用していて読み込みが重くなったりする。ブログが重くなる原因は他にも WordPress 本体や他のプラグイン等イロイロあるが、Head Cleaner というプラグインでは JavaScript と CSS に関するところを最適化し、読み込み速度を軽減する事が可能になる。

このプラグインを利用すると例えば以下のような事が可能になる。

  • Google Ajax Library の利用
  • 複数の JavaScript/CSS を纏めてリクエスト数を減らす
  • JavaScript / css の minified
  • 不要なタグの削除
  • キャッシュの設定を行う
  • JavaScript の読み込み場所を下へ移動させる

などなど...。

Sponsored Links

インストール

管理画面のプラグイン新規追加画面より Head Cleaner で検索すると出てくるので、インストール -> 今すぐ有効化 と進めていきましょう。

もしくは上記 URL よりダウンロードし、ファイルを plugins ディレクトリへアップロードしましょう。

Head Cleaner の設定

プラグインを有効にすると設定に Head Cleaner が追加されますので、そこから各種設定を行う事が可能です。

以下の設定が可能です。

  • CSS と JavaScript をサーバ上にキャッシュする
  • CSS, JS を動的に生成する
  • CSS に適用するデフォルトの media 属性
  • 複数の CSS を結合する
  • CSS を最適化する
  • CSS に含まれる画像の URLの をデータスキーマ URI に変換
  • 複数の JavaScript を結合する
  • JavaScript の minified
  • フッタ領域の JavaScript も対象にする
  • <head> 内の JavaScript をフッタへ移動
  • Google Ajax Libraries を利用
  • XML 宣言を付与
  • メタタグ canonical を追加
  • OGP(Open Graph Protocol) 対応のメタタグを追加
  • OGP にセットするデフォルト画像のURLを指定
  • og:locale, fb:admins, fb:app_id の設定
  • メタタグ generator を削除
  • リンクタグ RSD を削除
  • リンクタグ wlwmanifest を削除
  • IE コンディショナルタグを削除
  • メタタグ Last Modified を追加
  • パラノイアモードを有効にする(HTMLソースから無駄を省き、できるだけサイズを小さくしようとする)
  • デバッグモード
  • フィルター毎に有効にするか否かと削除するかの指定
  • JavaScript 個別にフッターへ移動するか削除するかの指定

基本的に上のほうで意味が分かるものだけ有効にしておけば良い感じです。ちゃんと動いていればソースを表示したときに

<script type="text/javascript" src="http://example.com/wp/wp-content/cache/head-cleaner/js/0c4ee38ed9cf85ce734cc148570f7d9f.js"></script>

みたいな感じの script を読み込んでるかと思います。

Sponsored Link

シェアする

フォローする