WordPress で関連エントリーを表示するのは Yet Another Related Posts Plugin が簡単で便利

シェアする

yarpp

もうタイトルで言いたい事全部言い切った。Wordpress で関連エントリー表示するのは Yet Another Related Posts Plugin を利用するのが簡単です。サムネも出せます。表示するエントリーもある程度いじれます。RSS にも表示できます。

Sponsored Links

インストール

管理画面のプラグイン新規追加ページより YARPP で検索すると出てきますので、インストール -> 今すぐ有効化 と進めていきましょう。

もしくは上記 URL よりファイルをダウンロードし、plugins ディレクトリへアップロードし、管理画面上で有効かを行いましょう。

設定とか

有効化したら投稿の一番下に関連エントリーが表示されていると思います。デフォルトでは文字のみでエントリー数は4つまでとなっております。

設定を変更するには、管理画面の設定メニューにある YARPP を選択します。

YARPP の設定は大きくわけて三つ

  • The Pool:表示するエントリーの取得先
  • Relatedness Options: 関連エントリーを決める際のしきい値
  • Display options for website/rss: 見た目の設定

The Pool

Disallow by Category 表示しないカテゴリーを指定
Disallow by Tag 表示しないタグを指定
Show password protected posts? パスワード付きの投稿を表示するか
Show only posts from the past 指定した投稿より古いものを表示するか

"Relatedness" options

この項目はよくわかりませんがある投稿が関連するエントリーか否かを判断する際に利用されるしきい値の設定と思われます。

関連エントリーを決める際に考慮される値は「タイトル」「本文」「カテゴリー」「タグ」の4種類で、それぞれに対して「考慮しない」「考慮する」「より考慮する」の3種類の値を指定できます。

デフォルトのままでも良いと思います。

Display options for your website / RSS

Web サイトもしくは RSS へ表示する際の表示方法を指定できます。

指定できるのは以下の項目。

  • 表示する投稿タイプ(Posts/Pages/Media)
  • 表示する投稿数
  • 表示方法(リスト/サムネイル/カスタム)
  • 表示方法に対応したタイトルや画像などのタグの指定
  • 表示順の指定

簡単に出来て良いですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする