WordPress の重いプラグインを簡単に調べれる P3 - Plugin Performance Profiler

シェアする

WordPress には便利なプラグインが沢山あってついつい入れてしまうんだけど、入れれば入れるほど動作が遅くなってしまう。沢山入れればいれるほどどのプラグインが原因で速度が低下しているのかを見極めるのが難しくなってくる。

そこで調査の為に利用できるのが P3 - Plugin Performance Profile というプラグインだ。またプラグイン増えるのか!という気もするが使わない時は無効にしてしまえば良いでしょう。

Sponsored Links

インストール

管理画面の新規追加に p3 と入れて検索したらでてきますので、インストール -> 今すぐ有効化 と進めていきましょう。もしくは上記 URL より zip ファイルをダウンロードし、plugins ディレクトリにアップロード -> 管理画面で有効化しましょう。

P3 を使ってみる

使い方は簡単、管理画面で Tools -> P3 Plugin Profile を開き、Start Scan ボタンを押すだけです。

p3scanstart

さっそくスキャンしてみました。

p3scan

グラフで表示されてどのプラグインが重いのかわかりやすいです。僕のこのブログの場合、All in one SEO Pack, Broken Link Checker, Exec-PHP, Syntax Highlighter Evolved あたりが重いですね。

他のグラフも見てみます。

p3scandetail

Detailed Timeline を見ると Plugin 毎, ページ毎に加え WP Core と Theme もあわせた細かい情報が見れます。このグラフを見ると SyntaxHighlighter が重いのは一部のページで、All in one SEO Pack は全ページで重そうです。あんまり使ってないし無効化しようか悩む。

といったように、スキャン結果を元に使ってない重いプラグインを無効化したり、代わりの軽いプラグインに変更したりなど、Wordpress の高速化を行う事ができます。

WordPress が遅くて困ってる時に便利ですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント