VPS の Ubuntu に Node.js いれた

シェアする

Node.js が必要なアプリケーションを動かす為にインストールしたのでメモ。

ただ入れるだけなら既にパッケージ化されているので、 apt-get install nodejs するだけで良いのだが最新版を使うならゴニョゴニョしないといけないようだ。

以下のようにコマンドを実行していくと最新安定版がインストールされる。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y python-software-properties python g++ make
$ sudo add-apt-repository ppa:chris-lea/node.js
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nodejs

$ nodejs --version
v0.10.26

インストールはできたようだ。あとは簡単なコードを書いてブラウザからアクセスしてみよう。

$ cat helloworld.js
var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
  res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  res.end('Hello World\n');
}).listen(1337, '127.0.0.1');
console.log('Server running at http://127.0.0.1:1337/');
$ node helloworld.js

コードは node.js のトップページにあったものをそのまま使ってみた。

nodejs

ちゃんと表示できた。ちなみにブラウザは w3m. ufw で接続するポートを制限しており、ちょっとしたテストの為だけにポート開けるのも面倒だったのでテキストブラウザで。。

Sponsored Link

シェアする

フォローする