Windowsも英数カタカナ変換にControlキーを使えるんだよ。

シェアする

ふと見たこの記事の以下の一文に反応してしまったので。

Windows から乗り換えたばかりだと F7 とか F10 を使いたくなりますよね。
(中略)
Mac では文字入力中に Control キーといくつかのキーを使って文字変換操作が出来るようになっています。

いやそれ Windows 標準の MS-IME にもあるから!!!

というか MS-IME のキーバインド、標準でいろいろ設定されているにも関わらず全然知られてなくて大変残念です。とかいう僕も家のwindows機は Google IME を使用していて、仕事マシンでは Microsoft Office IME なので MS-IME は使ってないのですけどね。

ただ Office IME と MS-IME は大体キーバインド共通なので各種ショートカットキーは便利に使用しております。

というわけで以下にあげてみます。全て日本語変換中の動作です。

Sponsored Links

文字変換

未確定状態の文字列を全てひらがなや英数字に変換する場合には以下のショートカットキーを利用する事で変換が可能だ。ホームポジションから遠い F10 などを押す必要はない。

Ctrl+u ひらがな
Ctrl+i 全角カタカナ
Ctrl+o 半角カタカナ
Ctrl+p 全角英数字
Ctrl+t 半角英数字
Ctrl+y IMEパッドを表示

カーソル移動

未確定中の文字列であれば以下のショートカットキーを利用する事でカーソルを移動する事ができる。移動したのち文字を挿入したり削除したりなんて事が可能だ。

Ctrl+k 左へ移動
Ctrl+s 左へ移動
Ctrl+l 右へ移動
Ctrl+d 右へ移動
Ctrl+a 先頭へ移動
Ctrl+j 末尾へ移動

編集

未確定文字列で文字を削除したり、変換を確定するのにも以下のショートカットキーを利用する事ができる。

Ctrl+h 前の文字を削除
Ctrl+g 後の文字を削除
Ctrl+m 変換確定
Ctrl+z 全削除

カーソル移動とかはあんまり使わないしカーソルキーあれば大体どうにかなると思うけど、変換時のショートカットは覚えておくととても捗ります。特に Ctrl-t で半角英数の使用頻度はとても高い!なので一々ファンクションキーまで指を延ばす必要など無いのです。

Windows でもできる事を知らずに「Mac では Control キーを使う」なんて言うのは勉強不足だろう。

ただ Mac OS にある Emacs like なキーバインドは便利ですね。windows でも xkeymacs とか使えばできるんですけど。

Sponsored Link

シェアする

フォローする