開発したアプリなど一覧

Windows 11 の PIN(暗証番号)を削除する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows 11 にはログイン時のパスワードとは別に PIN と呼ばれる暗証番号のようなものを設定することができる。4桁程度の数字のみを設定でき Windows PC を使うときにパスワードの代わりに利用できるため、設定しておくと便利だ。

しかし、パスワードに加えて PIN も覚えておく必要があるし、どちらを入力しないといけないのかわかりにくい場面もあるため、人によっては使いにくく感じるかもしれない。

そのような場合には PIN を削除してしまうのも一つの手だ。このページでは Windows 11 で PIN を削除する方法を紹介しよう。

Windows 11 の PIN を削除する際の注意事項

Windows 11 の PIN を削除した場合、それまで PIN の利用を求められていた場面(ログイン画面や権限確認など)の際、Windows のアカウントのパスワードを求められるようになる。基本的にはパスワードのほうがより複雑で入力しずらいものとなっているため、PIN を削除すると PC の操作が不便になる可能性がある。

また、Windows ではパスワードそのものを無効にすることもできるが、セキュリティ上のリスクがあるためオススメはしない。できれば簡単な文字列でもいいので PIN の設定を推奨する。

Windows 11 の PIN(暗証番号)を削除する方法

以下の手順で Windows の PIN を削除することができる。

Windows の設定アプリを開く

Windows のスタートメニューなどから「設定」アプリを開く。

「サインインオプション」の設定を開く

「設定」のウインドウ左側にある「アカウント」をクリックして「アカウントの設定」を開くと「サインイン オプション」という項目があるので、クリックしよう。

PIN を削除する

サインインオプションの画面に「PIN (Windows Hello)」という項目があるのでクリックして開こう。

そうすると「このサインインオプションを削除する」という項目が現れる。この中に「削除」ボタンがあるのでクリックする。

PIN の削除確認

「PIN を削除しますか?」という確認のメッセージが表示される。

「PIN を使用すると、Windows へのサインイン、支払いの作成、アプリやサービスへの接続が容易になります。顔認識または指紋認識を使っている場合、PIN を削除すると顔認識または指紋認識が停止します。」と表示されている。

問題なければ「削除」ボタンをクリック。

パスワードの確認

最終確認として Windows アカウントのパスワードを求められるので入力して「OK」を押そう。

PIN が削除されると Windows のログイン時などそれまで PIN の入力を求められていた画面でパスワードの入力を求められる。

こんな感じ。

PIN が使いにくいと感じるのであれば削除してパスワードのみ利用することもできる。好みで使い分けよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました