地球のヘソ、ウルルへツアーで行ってきた。

シェアする

メルボルンから飛行機にのってアリススプリングスへ、その翌日のツアーに参加しウルルとその周辺に行ってきました。ツアー中はずっと熱出しててだるかった...

ツアーの内容は
一日目 アリススプリングスから移動、カタジュタ-ウルル観光、ウルルサンセット
二日目 ウルルサンライズ、ウルル散策、キングスキャニオンへ移動
三日目 キングスキャニオン散策、アリススプリングスへ帰還
こんな感じだっけか。ツアー自体は$300ぐらいだっけ?それに交通費がメルボルン-アリススプリングスで$200,アリススプリングス-ダーウィンも同じぐらい、で計$700ぐらいだった。


View Larger Map

アリススプリングスからウルルは400kmぐらい距離が離れているのかな、ひたすらマイクロバスで走る。一応ウルルにも空港はあるのでそこからも合流できるけどどっちから合流しても値段変わんないのでそのとき航空券が安かったアリススプリングス経由にした。もちろん往復航空券にすれば安くなるが俺はこの後ダーウィンに行くので片道だけ。

途中でラクダと戯れる。


ロードトレイン実物ktでけぇ


昼飯の様子。女性陣ががんばっております。一方男性陣は・・・何してたっけ。この日の昼飯はサンドイッチでした。

飯終わったらカタジュタへ。


これが国立公園のチケット。ぼけた...


途中ウルルが見えたが素通りして・・・


カタ・ジュタ到着
風の谷のモデルなんていわれている様だけどジブリ否定しているのね。ナウシカ見てないのでよくわからないけど。


このへんが谷?

カタジュタの次にウルルへ。


ウルルの写真の半数以上がこのアングルからじゃないだろうか。。。ここはちょっと大きい広場になってて飯食ってるツアー客とかもいた。


寄ってみる。


よく集合写真が撮られる窪みにきた。正直だるくて説明あんまり聞いてない。

その後ちょっと奥の水溜りを見てサンセットを見るべき先ほどの広場へ戻る。

あれ、サンセットの写真が無い... まいっか。

この日の夜、夜景を撮ろうとデジカメ使おうとしたら壊れた。。。その直前の画像の乱れからするとレンズが取れてるっぽく振るとカラカラいう。保障は入っているがこんなところで壊れても何もする事はできない、さようなら Ricoh R7。。。 この後は iPod Touch のカメラで撮った。

次の日はサンライズを見るべく早起きして昨日と同じポイントへ。



天気に恵まれたがデジカメには恵まれてない!

この日の午前はサンライズを撮った後ウルルの周りを散歩した。




この辺はアボリジニの聖地らしく、ところどころで写真撮影禁止の看板が立っている。OKなところとの境目がよくわからない。


残念ながら今日は昇れません...

次はキングスキャニオン、へ移動。ウルルから結構離れているのでこの日の午後は移動だけ。

途中の道は何も無い。基本的にオーストラリアは大体こんな感じ、都市間は何も無い。都市もないこのへんは尚更。


休憩

良い景色。


キングスキャニオン近くのキャンプ場でキャンプファイヤー タダの照明代わり。

3日目の午前にキングスキャニオンへ


道が整備されているので歩くのは楽。

以下キングスキャニオンの写真








どこかのゲームにありそうな風景。カメラほしくなった。

キングスキャニオン見終わったらツアーは終了。アリススプリングスへ帰った。

この後はダーウィンへザガンで行く。世界唯一の大陸縦断鉄道だそうだ。別に飛行機でも何でも良かったのだが、アリススプリングス-ダーウィンは鉄道が一番安かった。


それがコレ。なかなかいかついいかにもな外見。


後ろから。先頭が見えないぐらい長い。何両あんだよこれ。

これに乗って何時間?24時間ぐらいかけてダーウィンへ。ダーウィンではオーストラリアを離れるために手続きしたり日本に荷物送ったりインドネシアへの飛行機の為に寄った。

それじゃまた次のエントリへ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする