開発したアプリなど一覧

Android でテザリングが勝手に終了するのを防ぐ方法

最近 Android のテザリング(Wi-Fi アクセスポイント)機能を利用してネットに接続する際、スマホに接続する前にテザリングの機能が無効になっていることがある。

不思議に思い設定を確認してみると、Android ではテザリングを自動的に終了する設定が用意されており、それが標準で有効となっているようだった。

有効であれば使わないテザリングをつけっぱなしにして電池を無駄に消費してしまう事を防げるかもしれないが(消費量はとても少ないという話もあるが)、それよりも常にテザリングできる状態になっている事のほうが重要な事もある。この記事では Android のテザリングの自動オフを無効にする方法を紹介しよう。

Android のテザリングの自動オフを無効にする方法

Android のテザリングの自動オフを無効にするには以下の操作を行う。

Android の「設定」から「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」→「Wi-Fi アクセスポイント」の項目を開く。

「Wi-Fi アクセスポイント」の画面にある「詳細設定」を開くと、「アクセスポイントを自動的にオフにする」という項目がある。

説明によると「何も接続されてない時に自動的にオフにする機能」のようだ。Wi-Fi ホットスポットが自動で停止されてしまうと困る場合には、このスイッチをオフにしよう。

この状態であればテザリングが自動的に終了することを防げ、いつでも自由に接続できるようになる。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました