開発したアプリなど一覧

Windows 10 で進化したクリップボード履歴機能を利用する

先日のアップデートにより Windows 10 の標準機能としてクリップボード履歴機能が搭載された。名前の通りクリップボードの履歴を保存する機能で、それまで一つしかデータを格納できなかったクリップボードを拡張するアップデートとなった。さっそく使ってみよう。

Windows 10 のクリップボード履歴機能を利用する方法

まずは Windows + v キーを押してこの機能を有効化しよう。

「turn on」を押すとクリップボード履歴が有効となり、以後コピーしたデータは履歴に残るようになる。

この状態でテキストや画像などをコピーし、Windows + v を押すとコピーした履歴が表示される。

クリックするとそのテキスト・画像を貼り付けるとともにクリップボードに格納される。

履歴にあるデータはピン留めも可能なので良く利用するデータはピンしておくと良い。

クリップボードはあくまで一時的なデータなので PC を再起動やシャットダウンするとデータは削除されるようだが、ピンしておけば削除されない。

クリップボードの履歴を削除する方法

コピーした履歴が残るの便利ではあるが、不要な履歴は削除したい事もある。

履歴を削除する方法は二つ、一つは Windows+v で表示される一覧の右側にあるバツ印をクリックする方法。消したいデータを1つずつ削除できる。

もう一つは Windows 10 の設定のクリップボードより「clear」を押す方法。こっちはピンしたデータを除き全て削除される。

用途に合わせて上手に利用しよう。

Sponsored Link

コメント