Windows 10 のタスクバーに検索ボックスを表示できない時に確認する事

シェアする

Windows 10 インストール直後のタスクバーには大きな検索ボックスが表示されているが、邪魔なので非表示にしているという人も多いのではないかと思う。しかし、用途によっては便利な事に変わりはない。

ところがこの検索ボックス、特定の環境下では表示できないようだ。

このようにタスクバーを右クリックしても Cortana の項目に検索ボックスを表示するオプションが現れない。

以下検索ボックスが利用できない条件を2つ紹介する。もし検索ボックスが使えない場合には確認してほしい。

小さいタスクバーを使うと検索ボックスを表示できない

タスクバーの設定より「小さいタスクバーボタンを使う」を有効にしていると検索ボックスを表示できなくなる。

たとえ検索ボックスを表示していたとしてもこのオプションを有効にした段階で非表示となり、代わりにコルタナのアイコンが表示される。

検索ボックスを利用するなら「小さいタスクバーボタン」は諦めなければいけない。

タスクバーの位置を下以外にすると検索ボックスを表示できない

検索ボックスはタスクバーを下に配置している時のみ表示され、ソレ以外の上及び左右では表示されなくなる。

この場合も検索ボックスでなくコルタナのアイコンであれば利用可能だ。

まとめ

他にも条件はあるかもしれないが、良くあるのはこの二点だろう。つまりタスクバーの検索ボックスを利用したければタスクバーのアイコンを大きく且つタスクバーを下に配置する必要があるという事だ。しかしこの仕様、もうちょっとどうにかならなかったのだろうかと思わざるを得ない。

Sponsored Link

シェアする

フォローする