Google 翻訳を Windows デスクトップアプリのように利用する

シェアする

Web ブラウザで利用できる翻訳サービスとして有名な Google 翻訳だが、スマートフォンアプリはあってもデスクトップ向けにはリリースしていない。非公式のソフトウェアはいくつかあるが Web 版をそのまま使っていたり広告が表示されるなどあまりメリットを感じられない。

Google 翻訳

どうせなら公式の Google 翻訳をそのままデスクトップアプリとしたほうが安心且つ使い勝手を損なわずに利用できる。この記事では Google 翻訳をデスクトップアプリとして利用する方法を紹介する。

Google Chrome のショートカットを作成機能を利用して Google 翻訳をデスクトップアプリのように利用する

Google 翻訳をデスクトップアプリのように利用する方法はいくつかあるが、 Google Chrome のショートカットを作成機能を利用するのが手っ取り早い。

Chrome で Web サイトをアプリの様に利用する方法

Google 翻訳を開いたらメニューの「その他のツール」より「ショートカットを作成」を選択する。

ダイアログが表示されるので「ウインドウとして開く」を選択する。

そうするとデスクトップにショートカットが作成される。これを起動すると以下のように Google 翻訳のみのウインドウが表示される。

Web 版の Google 翻訳をそのまま表示しているだけなので機能的には全く同じだ。音声入力や音声読み上げ、多言語対応キーボードもそのまま利用できる。独立したウインドウとして表示されるのでタスクバーにピン留めしたりスタートメニューに表示したりもできる。

Google 翻訳はデスクトップ向けのページだけでなく、モバイル版のページも用意している。

Google 翻訳(モバイル)

こちらも同様にデスクトップアプリのように利用可能だ。

多言語対応キーボードが無いが見た目がスッキリしており、スマートフォンのように縦に表示もできる。画面端に置くのであればこの形式も良いと思う。

独立したウインドウとして表示できれば便利な場面も多い。この方法は他の Web アプリにも応用できるので覚えておくと良さそうだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする