開発したアプリなど一覧

Windows 10 のコマンドプロンプトで Ctrl を用いたショートカットキーを利用する方法

Windows を利用しているとコマンドプロンプトを利用する機会は多いと思う。コマンドプロンプトは Windows では昔から搭載されているソフトウェアではあるが、ショートカットキーすら利用できずその使い勝手はお世辞にも良いものとは言えなかった。

しかし Windows 10 からは ctrl-c などのショートカットキーが利用できるようになった。ここにその設定方法をメモしておこう。

コマンドプロンプトで Ctrl キーショートカット を有効にする

スタートメニュー右クリックなどからコマンドプロンプトを開き、タイトルバーを右クリックしてプロパティを開く。

そうすると以下のようなコマンドプロンプトの設定画面が表示される。

この画面の中ほどに「Ctrl キーショートカットを有効にする」という項目があるので、チェックして「ok」を押す。

これで Ctrl キーによるショートカットが有効になる。

Ctrl-C でコピーし、Ctrl-V でペーストを行ってみた。このように他のアプリケーション同様に簡単に文字列をコピー&ペーストができる。

人によってはコマンドプロンプトはほとんど使わないかもしれないが、覚えておいて損は無いと思う。

Sponsored Link

コメント