開発したアプリなど一覧

Windows 11 で PrintScreen キーを押して Snipping Tool が起動しないようにする

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows ではキーボード上にある PrintScreen キーを押すことで画面のスクリーンショットを撮ることができる。この機能は古くからあるものの一つで、長らくはキーを押すだけで画面全体のスクリーンショットを撮りクリップボードにコピーする機能が割り当てられていた。

ところが、Windows 11 のあるアップデートで画面全体のスクリーンショットではなく、Snipping Tool が起動するようになってしまった。

このような小さなウインドウが画面上部に現れる。Snipping Tool を利用すれば画面の一部分のみやウインドウを指定してのスクリーンショットを撮影が可能なため、機能的には従来の画面全体を撮るスクリーンショットよりは便利だ。しかし、撮影の際の動作が一つ増えてしまうため、煩わしさを感じる人もいるだろう。

PrintScreen を押して Snipping Tool が起動する機能は設定によりオフにすることができる。このページでは、PrintScreen キーを押して Snipping Tool ではなく、従来の画面全体のスクリーンショットを撮る機能に変更する方法を紹介しよう。

Windows 11 で PrintScreen キーを押して Snipping Tool が起動しないようにする方法

以下の方法で PrintScreen キーを押して Snipping Tool ではなく即スクリーンショットが撮れるようになる。

設定を開く

スタートメニューなどから Windows の設定アプリを開く。

「アクセシビリティ」から「キーボード」を開く

設定アプリを開いたら「アクセシビリティ」欄から「キーボード」を開く。

PrintScreen キーを使用して Snipping tool を開くオプションを無効にする

キーボード欄に「PrintScreen キーを使用して Snipping tool を開く」という項目があるので、スイッチをクリックして「オフ」にしよう。

これで PrintScreen キーを押しても Snipping tool が起動せず、即スクリーンショットが行われ、画面全体がクリップボードに保存されるようになる。

なお、Snipping tool を利用する場合には Win+Shift+S キーを押すことでも起動できる。画面全体を撮影する際は PrintScreen キーを、画面の一部を撮影する際は Win+Shift+S キーというように使い分けられると便利だ。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました