開発したアプリなど一覧

Windows 11 で IP アドレスを固定化する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

PC に限らずインターネットや LAN に接続する際には IP アドレスを機器に設定する必要がある。通常は DHCP と呼ばれる仕組みにより自動的に割り振られるため、我々ユーザーが何か設定する必要は無い。

しかし、PC をサーバーとして利用したり他の機器と通信する場合など、IP アドレスを固定化したい場合がある。Windows でも簡単に IP アドレスを固定にすることができる。

このページでは Windows 11 で PC に割り当てられた IP アドレスを固定にする方法を紹介しよう。

Windows 11 で IP アドレスを固定化する方法

Windows のスタートメニューなどから「設定」アプリを開き、左側のメニューより「ネットワークとインターネット」を開く。

「イーサネット」を開く。

接続済みと表記のあるネットワークを開き、「IP 割り当て」が「自動(DHCP)」となっていることを確認しよう。この状態では IP アドレスはルーターなどの機器により自動的に割り当てられている。「IPv4 アドレス」と「IPv4 DNS サーバー」の欄に書かれているアドレスが自動的に割り当てられたアドレスだ。

固定で設定するには「IP 割り当て」欄の「編集」ボタンをクリックしよう。

「IP 設定の編集」という項目が「自動」になっていると思うので「手動」に変更し、「IPv4」のスイッチを「オン」にしよう。

IP アドレス・サブネットマスク・ゲートウェイ・優先DNS・代替DNSをそれぞれ入力する。

IP アドレスを手動で設定する場合の解説

IP アドレスを手動で設定する場合、各アドレスに何を入力するべきかは状況による。ネットワークの知識が必要となりここで解説すると長くなってしまうため、わからないのであれば手動はオススメしない。

よく利用されるものでいうと、IP アドレスが 192.168.x.x であればクラス C のプライベート IP アドレスとなる。一般家庭で利用されるルーターでは 192.168.1.0 のネットワークを利用する事が多いため、その場合サブネットマスクは 255.255.255.0 となり、IP アドレスを指定できる範囲は 192.168.1.1 から 192.168.1.254 (192.168.1.255 はブロードキャストアドレスで使えない)となる。このあたりは IP アドレスを手動で書き換える前に現在の設定を確認しよう。

通常のルーターであれば 192.168.1.1 がルーター自身に割り当てられるためゲートウェイも同様に 192.168.1.1 を入力する。PC やスマートフォンはそれら以外の 192.168.1.2 から 192.168.1.254 の中から選択するのだが、他の機器とアドレスが重複すると正常に通信できなくなるため、DHCP で割り当てられにくい大きな数字を入力することが多い。

DNS はルーターのアドレスやパブリック DNS と呼ばれるアドレス(有名なものでは Google の 8.8.8.8 や Cloudflare の 1.1.1.1 等)を入力する。

というわけで元のアドレスが 192.168.1.x の場合の設定例は以下のような感じだ。

IP アドレス 192.168.1.2 - 192.168.1.254 の中で任意のもの
サブネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイ 192.168.1.1
優先DNS 192.168.1.1
代替DNS 8.8.8.8
HTTPS経由のDNS オフ

それぞれ入力したら「保存」ボタンを押して保存しよう。

IP アドレスの手動設定を確認する

設定完了したら再び設定の「ネットワークとインターネット」を開いて IP アドレスなどの設定が先ほど手動で設定した値になっているか確認しよう。

IP 割り当てが「手動」になっており、「IPv4 アドレス」の値が入力したとおりになっていれば OK だ。この状態で Web ブラウザなどを動かして正常にインターネットが利用できるか確認してみよう。

もしインターネットに接続できなかったり他のデバイスからアクセスできない場合にはアドレスの設定を見直したり、「IP 割り当て」を DHCP に戻すなどして確認しよう。

このように Windows では簡単に IP アドレスを固定にしたり変更することができる。使う機会は限られるかもしれないが、覚えておくといつか役に立つかもしれない。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました