開発したアプリなど一覧

Blender で VRM を読み込み利用する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Blender で 3DCG を作成する際、VRM 形式の3Dモデルを組み込んでみたくなった。

VRM とは VR 向けの人型3Dアバターモデルを扱うためのファイル形式で、Unity や Cluster など様々なアプリケーションで利用できる。Blender ではアドオンを利用することで VRM 形式のファイルを読み込むことができる。

このページでは Blender に VRM 形式のファイルを読み込む方法を紹介しよう。

ちなみに VRM を作成するには VRoid Studio を利用するのが手っ取り早い。

VRoid Studio で手軽に 3D キャラを作成する方法 | Lonely Mobiler

Blender で VRM を読み込む方法

Blender で VRM 形式のファイルを扱うには VRM Add-on for Blender を利用しよう。以下の Web ページよりダウンロードできる。

VRM Add-on for Blender

「Download Latest Version」のリンクをクリックしてダウンロードしよう。zip ファイルがダウンロードされるが、これは解凍せずに zip 形式のまま利用する。

ダウンロードできたら Blender を開き、メニューの「Edit」から「Preferences」を開く。

Add-ons 欄から「Install」ボタンをクリックする。

ダウンロードしてきた VRM_Addon_for_Blender.zip を選択し、「Install Add-on」ボタンをクリックする。

インストールできたらアドオンの画面で有効化しよう。

こんな感じで Import-Export VRM format の項目にチェックが入っていたら OK だ。さっそく VRM を読み込んでいこう。

アドオンが正常にインストールできたら、File の Import 欄に VRM の項目が表示される。

ここから VRM 形式のファイルを選択しよう。

VRM 形式のファイルを選択し「Import VRM」をクリックしたら Blender 内に VRM が読み込まれる。この際、多少時間がかかるかもしれない。

こんな感じで T ポーズで 3D モデルが読み込まれると思う。

読み込んだ VRM にはちゃんとボーンも設定してあるので、ctrl-tab を押してポーズモードに移行すれば好きなポーズを取らせることができる。

こんな感じで VRM 形式の 3D モデルを簡単にあつかうことができる。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました