開発したアプリなど一覧

Windows でキーボードが動かない場合の対処方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

PC を利用していると稀にキーボードが動かないという不具合に遭遇することがある。キーボードが動かないと文字入力できないだけでなく、ゲームを遊ぶことも難しい。

Windows でキーボードが動かない原因には様々な要因が考えられる。このページではキーボードが動かなくなる原因やその対象方法について紹介しよう。

PC がフリーズしていないか確認

まずはマウスを動かしてみよう。これでキーボードが動いていないのか、PC そのものがフリーズしているのかを見分けることができる。

マウスも動かない場合は PC がフリーズしているため、ctrl-alt-del 同時押し、それもだめなら PC の電源ボタンを長押しして強制終了させよう。

有線キーボードの場合

有線キーボードの場合に試してみることを紹介しよう。

ケーブルを抜き差しする

有線キーボードの場合、ケーブルの接触がうまくいってない可能性がある。差し込みが不十分であった場合などはあとから緩んで外れてしまうこともある。

ケーブルをしっかり奥まで差し込もう。

USB ポートを変更する

接続している USB ポートが物理的に故障している可能性もある。他の USB ポートに接続して動くかどうか試してみよう。

ケーブルを変更する

ケーブルに不具合がある可能性もある。キーボードの USB ケーブルは取り換え可能なものも多いので、別のケーブルを接続して動くかどうか確認してみよう。

他の PC・タブレットに接続する

キーボード本体が故障しているか否かを確認するために、他の PC にキーボードを接続して動くかどうか確認してみよう。PC が無い場合は iPad などのタブレット端末や、Android スマートフォンなどに接続しても動かすことができる。

他のキーボードを PC に接続する

逆に他のキーボードを PC に差して動くか確認してみよう。これで動くなら元のキーボードの故障の可能性が、他のキーボードを差しても動かない場合には PC 側の問題の可能性がある。

無線キーボードの場合

無線キーボードの場合に試してみることを紹介しよう。

Bluetooth のペアリングをしなおす

Bluetooth 接続の場合は PC とペアリングができているか確認しよう。Windows 設定画面やデバイス欄にマウスが表示されているか確認しよう。

もし表示されていない場合にはペアリングをしなおしてみよう。

USB レシーバーを抜き差しする

Bluetooth ではなく独自の無線接続である場合には専用の USB レシーバーを利用するが、これが正常に PC に差さっていない場合もある。USB レシーバーを抜き差しして確実に差し込もう。

電源が入っているか確認する

Bluetooth などの無線キーボードには本体に電源ボタンが備わっていることが多い。キーボードの裏面や側面などを見て電源が入っているか確認してみよう。

バッテリー状況を確認する

無線キーボードはバッテリーで駆動するため、電池残量があるかを確認してみよう。キーボードの種類によって USB 充電だったり乾電池だったりいろいろあるので、利用しているキーボードに合わせてバッテリーの充電や変更を行おう。

通常 Bluetooth 接続であれば Windows のデバイス欄に電池残量が表示されるので、それを確認するのも手だ。

他の PC に接続してみる

キーボード自体が正常に動作するか、他の PC に接続して確認してみよう。Bluetooth であれば PC 以外にも iPad や Android スマートフォンなどに接続して利用することができる。PC が他にない場合にはそれらに接続して確かめてみよう。

電子レンジなどの電波を発する機器が周りにないか確認する

Bluetooth などの無線接続には 2.4GHz 帯の周波数を利用しているが、周囲に同様の電波を発しているものが多いと混線して動作しにくくなる場合がある。特に電子レンジのように強い電波を発する機器を動作していると正常に動かないこともある。

周囲で利用している機器の数や電子レンジをすぐ近くで利用していないか確認してみよう。

ドライバーを再インストールする

Windows がキーボードを動かすのに利用するドライバーと呼ばれるソフトに不具合などがあるかもしれない。ドライバーを一度アンインストールし、再インストールを行ってみよう。

ドライバーを入れなおすにはスタートボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」を開こう。

デバイスマネージャー内に「キーボード」という項目がある。この中に「HIDキーボードデバイス」という項目があるので、右クリックして「アンインストール」しよう。

「デバイスのアンインストール」のダイアログが表示されるので、「アンインストール」をクリックしよう。

アンインストールしたら PC を再起動したら自動的にドライバーがインストールしなおされる。

これでデバイスをアンインストールできたので、再起動を行おう。

キーボードを掃除する

長年使ってきたキーボードであれば内部にゴミが溜まりすぎて正常に動作しない可能性もある。キーボードが汚い場合には掃除してみよう。

キーボードを掃除する際にはキーを取り外すべきだが、ノートパソコンなどの薄型のキーだと難しい。その場合はエアダスターで吹き飛ばすのが良い。

キーボードに飲み物などをこぼした場合

もしキーボードに飲み物などをこぼしてしまった場合には、そのまま故障してしまう可能性がある。その状態から直すのは難しいので、新しいキーボードを購入したほうが良いかもしれない。

PC を再起動する

PC に関する不具合は PC 本体を再起動することで直る可能性がある。困ったら再起動しよう。

キーボードは反応するが、意図した通りに入力できない場合

キーボード自体は動くがキーを押しても想定通りに入力できない場合もある。例えば以下のようなケースがある

  • 「A」を押して「ち」が入力される
  • 「JKLUIO」を押すと数字が入力される
  • アルファベットが全角のままになる
  • 印字と違う記号が入力される

このような場合の対処方法については以下の記事を参照してほしい。

Windows 11 で正常に文字を入力できない場合の対処方法

キーボードが動かないときに文字入力する方法

キーボードが動かない場合でもソフトウェアキーボードを利用すれば文字入力することができる。 ソフトウェアキーボードの使い方については以下を参照してほしい。

Windows 11 でスクリーンキーボードを利用する方法

キーボードが動かない場合のまとめ

このようにキーボードが動かない原因には様々なものがありそれぞれ対処方法が異なる。冷静になって原因を特定し、対処しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました