開発したアプリなど一覧

Windows 11 ログイン時に空パスワードを利用する方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Windows ではログイン時にパスワードの入力を求められる。他人に勝手にログインされないようにするためセキュリティ上重要なパスワードではあるが、自宅用などの自分ひとりしか使わない事が明白な PC であればパスワード無しでもリスクは少ないだろう。

このページでは Windows 11 のログイン時に空パスワードを利用する方法を紹介しよう。

Windows 11 ログイン時に空パスワードを利用する方法

通常 Windows 11 では Microsoft アカウントでのログインを求められるが、その際パスワードを空にする事はできない。Windows 11 で空パスワードを設定するには、ログイン用のアカウントをローカルアカウントにする必要がある。

Windows 11 でローカルアカウントを利用する方法については以下の記事を参照してほしい。

Windows 11 にローカルアカウントを追加する方法 | Lonely Mobiler

ローカルアカウントを作成時にパスワードに何も入力を行わなければ空パスワードとなる。

もしくは、Windows 11 の設定アプリより「アカウント」->「サインイン オプション」にある「パスワード」欄から「変更」ボタンを押し、パスワードを設定しなおそう。

ここからパスワードを変更しようとすると以下のようなダイアログが表示される。

今のパスワードを入力して「次へ」を押そう。

「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」共に何も入力せず、パスワードのヒントは適当に入れ「次へ」を押そう。

「完了」ボタンを押せば設定が完了となる。

試しにログアウトしてログインしなおしてみよう。

初回ログイン時にはパスワード入力画面が表示されるが、何も入力せずに Enter キーを押せばログインできる。

以降はこのように「サインイン」ボタンのみが表示され、押すだけでログイン可能だ。

このようにローカルアカウントを利用すればパスワード無しでログインすることができる。セキュリティ的にはあまり好ましくないので、仕事用の PC や持ち運びする PC での設定は避け、自室などの他の人が物理的に触れられないような PC にのみ設定しておこう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました