開発したアプリなど一覧

Windows 11 でスクリーンショットを撮る方法

アフィリエイトリンクを含む場合があります

PC で作業する際に良く使われる機能の一つにスクリーンショットがある。PC に表示されている画面を画像形式で保存する機能で、操作説明やトラブルシューティング、ゲーム画面の共有など様々な用途に利用される。

このページでは Windows 11 でスクリーンショットを撮影する方法を紹介しよう。

Windows 11 でスクリーンショットを撮影する方法

Windows 11 ではスクリーンショットを撮る方法は主に以下の三種類がある

PrintScreen(PrtSc) 画面全体を撮影
Alt+PrtSc 現在アクティブなウインドウを撮影
Win+Shift+S 選択範囲を撮影

PrintScreen キーもしくは Alt+PrtSc キーを押した際には即座に画面全体もしくはアクティブなウインドウ全体を撮影し、クリップボードに保管される。

Win+Shift+S を押した場合は、以下のように画面が暗くなり、撮影したい範囲を選択する画面となる。この状態で画面上をドラッグすると、その範囲だけ明るく表示され、左クリックを離すと撮影完了し、クリップボードに保管される。

画面上部にはツールバーがあり、左から「四角形の領域切り取り」「フリーフォーム領域切り取り」「ウインドウの領域切り取り」「全画面表示の領域切り取り」となっている。左二つの領域切り取りでは撮影する範囲を選択でき、「ウインドウの領域切り取り」では Alt+PrtSc 同様にウインドウを指定しての撮影となる。

これらのショートカットキーで撮影したスクリーンショットはクリップボードに保存されるため、その状態で Slack や Twitterの発言欄や、Word、Excel など対応しているアプリケーションで貼り付けを行うと画像を添付することができる。画像ファイルとして保存する必要がないため、作業効率アップにつながる。

Windows 11 でスクリーンショットを撮影と同時にファイルに保存する

上記スクリーンショットの撮影ではクリップボードに保管されるが、撮影したら即座にファイルに保存してほしい場合もある。その場合は以下のショートカットキーを利用しよう。

Win+PrtSc 画面全体を撮影し、画像ファイルとして保存
Win+Alt+PrtSc 現在アクティブなウインドウを撮影し、画像ファイルとして保存

スクリーンショットの保存先は画面全体は「C:\Users\ユーザー名\Pictures\Screenshots」ウインドウ撮影の場合は「C:\Users\ユーザー名\Videos\キャプチャ」となっている。なぜか二つに分かれているがまぁそういうものだ。

残念ながら選択範囲を撮影では即座にファイルに保存できないようだ。

Windows 11 で Snipping Tool を利用して時間指定でスクリーンショットを撮る方法

上記で解説したスクリーンショットの撮影は現在表示されている画面を撮影する方法となっている。しかし中には、ある程度の時間経過後の画面を撮影したいという場合もある。そういう場合にはショートカットキーではなく、Windows 標準ツールの Snipping Tool を利用しよう。

スタートメニューから Snipping Tool を検索して実行しよう。

ウインドウ上部のツールバーの真ん中が撮影する範囲、右側が待ち時間の指定となっている。選択肢は「待ち時間無し」、「3秒後に切り取り」、「5秒後に切り取り」、「10秒後に切り取り」の四種類ある。

待ち時間と撮影する範囲を選択後にツールバー左側の「新規」を押そう。そうすると、指定秒数後にスクリーンショットが実行される。ただし全画面は時間指定できないのでキーボードショートカットを押そう。

Windows 11 でゲームのスクリーンショットを撮影する方法

ゲーム中は忙しいため、より簡単に撮影し、画像として保存したい場合が多い。そういう場合にはゲームやプラットフォーム固有のスクリーンショット機能を利用しよう。

例えば Steam のゲームであれば F12 キーを押すだけで現在の画面を画像として保存してくれる。詳しくは以下の記事を参照してほしい。

Steam のゲームでスクリーンショットを撮る | Lonely Mobiler

Windows 11 でスクリーンショットを撮る方法のまとめ

このようにスクリーンショット一つとっても様々な方法がある。目的にあった方法で撮影しよう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました