macOS で VPN へ接続する(OpenVPN 編)

シェアする

現在タイの安宿で暮らしているのだが、無料の Wi-Fi を利用したり、海外から日本の Web サービスへ接続する際には VPN を利用すると良い。

軽く調べてみた所、今自分が利用している macOS で VPN を利用するには L2TP over IPSec や OpenVPN といったものを利用するのが良さそうであった。

macOS で VPN へ接続する(L2TP/IPSec 編)
最近無料の Wi-Fi を使ったり、日本の Web サービスに海外から接続する事が多いので VPN を利用する事にした。 VPN へ接続する方法を...

前回の記事では L2TP over IPSec を用いた VPN への接続方法について記述したので、今回は OpenVPN を用いた VPN の利用方法を解説する。

macOS で OpenVPN を利用するには Tunnelblick というソフトウェアを使用すると良いようだ。

Downloads より Stable と書かれた最新安定版をダウンロードし、インストールしよう。

ダウンロードした dmg ファイルを開くと Tunnelblick.app が表示されるので、それを Application フォルダなどへ移動し、起動しよう。

起動するとこのような画面が出る。設定ファイルを所持しているかどうか、を聞いている。

今回は VPNGate を利用する事を想定している為、「I have configuration files」を押す。

そうするとこのように「Tunnelblick アイコンに設定ファイルをドラッグすると良いぞ」的なメッセージが出る。「OK」を押してダイアログを閉じよう。これで Tunnelblick 自体のインストールは完了だ。

インストールが完了すると、メニューバーに Tunnelblick のアイコンが表示されているはずなので、そこへ VPNGate からダウンロードしてきた ovpn ファイルをドラッグしよう。

ドラッグすると「この設定ファイルを全ユーザで利用するのか、自分ひとりだけか」といったダイアログが出る。

コンピュータを複数人で利用する際に設定を共有するかどうか、という意味なので、自分一人しか利用しないのであればどっちでも良い。

正常に追加できるとこのように通知が表示される。

メニューバーより Connect を選択すると接続できる。

接続した状態でメニューバーのアイコンへマウスカーソルを移動するとこのように接続状況も表示できる。

一度ソフトウェアをインストールさえしておけば設定ファイルをドラッグするだけの簡単な作業で VPN を利用できるようになる。便利なので覚えておくと良いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする