WordPress で CSV から HTML のテーブルを生成するプラグイン CSV to html

シェアする

WordPress の記事内にテーブルを扱う事があると思う。しかし、ビジュアルエディターを使うにしても、HTML を直接記述するにしてもテーブルを作るのは結構面倒くさい。スプレッドシートやエクセル等の表が作りやすいソフトウェアで CSV ファイルを作ってそれをそのまま WordPress で扱えたら楽です。

それを実現してくれるのが CSV to html というプラグイン。名前の通り、CSV を html の table 形式に変換してくれます。

設定ページ等は特に無く、有効にした瞬間から記事内に csv ファイルを埋め込む為のショートコード csvtohtml_create が使えるようになる。

例えば以下のような感じ。最低限必要なのは source_files ぐらいだろう。ここにアップロードした csv ファイルのパスを記述するだけで html に変換して表示してくれる。

[csvtohtml_create title="anker powercore" html_id="" source_type="guess" path="" fetch_lastheaders="0" source_files="2016/05/anker-powercore.csv" debug_mode="no"]

wordpress-csv-to-html

設定可能な引数は以下のような感じ。

title 設定したタイトルを左上のカラムに表示
html_id テーブルの id を指定
path WordPress のアップロードフォルダを指定、基本的には空でいいと思う。
source_type csv ファイルのタイプを指定。guess もしくは visualizer_plugin.
fetch_lastheaders 指定した数の列を表示
source_files CSV ファイルのパスを指定。セミコロンで複数指定可能
debug_mode デバッグモード。テーブルが表示されないときに on にしよう。

テーブルを多用するブログで活躍しそうです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする