WordPress のデータベースをクリーンアップ及び最適化してくれるプラグイン WP-Sweep

シェアする

WordPress にかぎらずデータベースを利用したシステムは長く使い続けていくにつれ不要なデータが溜まったりして遅くなる事があります。

WP-Sweep というプラグインを利用する事でデータベースのクリーンアップや最適化を行う事ができます。

このプラグインを使う事で以下のデータをクリーンアップ可能です。

  • リビジョン
  • 自動保存されたドラフト
  • 削除済み, 未承認, スパムコメント
  • 孤立した post meta, comment meta, user meta
  • 孤立した term の関連性
  • 未使用の terms
  • 重複した post meta, comment meta user meta
  • 一時的なオプション
  • post meta 内の埋め込みキャッシュ

それらに加えて、テーブルの最適化を行う事ができます。

Sponsored Links

WP-Sweep のインストール

WordPress 公式に登録されているので管理画面のプラグイン新規追加画面より WP-Sweep で検索するとでてきます。そこからインストール -> 有効化と進めていきましょう。

もしくは上記ページよりダウンロードし plugins ディレクトリへアップロード、管理画面から有効化しましょう。

WP-Sweep を使ってみる

このプラグインをインストールするとメニューのツール欄に Sweep という項目が追加されます。ここからデータベースの各テーブルの項目に対して操作を行う事ができます。

wp-sweep

左から項目、不要データの数/パーセンテージ、Sweep ボタン、詳細ボタンとなります。Sweep ボタンを押したらすぐ掃除が始まっちゃいます。

これが各テーブル毎にあり、一番下までいけばデータベースの最適化及び全てクリーンアップするボタンがあります。

wp-sweep-all

メンテナンスの際に気になるならやっておくのも良いかも?

Sponsored Link

シェアする

フォローする