VIM の自動改行をオフにする

シェアする

久しぶりに Windows に入っている Vim を起動してテキストを書いていたら途中で不自然に改行されてしまった。とくにブログに投稿する為のテキストを Vim で書いている時に勝手に改行されてしまうと、その改行部分で WordPress の自動タグ挿入機能が働いて不自然な文になってしまう。

Vim では formatoptions もしくは textwidth を指定する事で自動改行の設定を変更できる。

vimrc に

set formatoptions=q

もしくは

set tw=0 "textwidth でも良い

と設定すれば自動改行が効かなくなる、はずだったが僕の環境では何かの設定がそれを上書きしているようで思った通りにいかなかった。

なのでテキストファイルを開いた時に上記オプションを無効にするよう指定した。autocmd FileType text を使う。

autocmd FileType text :set formatoptions=q

これで自動改行が無効になった。良かった良かった。

Sponsored Link

シェアする

フォローする