WordPress にアップロードした画像に簡単に透かしをつけれる Easy Watermark

シェアする

Web に沢山画像を上げてるとたまに無断で使われる事がある。勝手に画像を使われるのは困るので透かしをつける人もいるんだけど、手作業で透かしをつけるのはだるい。

もし対象が WordPress で使用している画像であれば Easy Watermark というプラグインを使う事で手軽に画像に透かしをつける事ができます。

Sponsored Links

Easy Watermark でできる事

  • テキスト及び画像を透かしとして画像に付与できます
  • 画像アップロード時に自動的に適用
  • テキストは色/サイズ/位置等を自由に変更可能
  • jpg/png/gifに対応
  • ユーザの権限により適用するかを選べれる

例えばこんな感じにつけれます。

easy-watermark

Easy Watermark のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Easy Watermark で検索すると出てくるので、インストール -> 有効化 と進めていきましょう。

もしくは上記 URL よりダウンロードし、ファイルを plugins ディレクトリへアップロード、管理画面より有効化しましょう。

Easy Watermark の使い方

有効化したらまず透かしとしていれるテキスト、もしくは画像を指定しましょう。

設定 -> Easy Watermark を開き、上のタブにある Text か Image を選択します。

easy-watermark-setting-text

自分はテキストで十分なので Twitter ID を指定しています。

ここではテキストの位置, オフセット, 色, 大きさ, 角度, 透明度 を指定する事ができます。

設定したらあとは投稿画面で画像をアップロードするだけです。冒頭のように画像に自動的に文字が入ります。

Easy Watermark の設定

設定画面の General で以下の項目を設定できます。

  • 透かしを自動でいれる
  • 適用する画像のタイプをjpg,png,gifから指定可能
  • 透かしを入れる前の画像を保存する
  • 適用する画像のサイズを指定
  • 透かしのタイプを画像/テキストから指定
  • jpgの品質
  • データフォーマット
  • 時間のフォーマット
  • ユーザの権限毎に有効にするかどうか
  • 投稿の種類毎に指定するか(post/page/添付しない画像)
Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] 画像にロゴやテキストの透かしを入れることができるWordPressプラグイン WordPress にアップロードした画像に簡単に透かしをつけれる Easy Watermark […]